電気製品等の認証

系統連系保護装置の認証

お知らせ

小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の認証

本認証制度は、系統連系技術要件ガイドライン(現在は、電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドライン,電気設備技術基準の解釈),電気用品安全法などを基にしてJETが作成した認証試験基準に適合していること及びそのモデルと同等の製品を継続的に製造することができる体制にあることを確認するための工場調査を行い、合格したものを認証する制度です。

認証制度の目的

主に一般家庭に設置されることを意図した小型分散型発電システムの安全性の確保に寄与し、かつ、系統連系円滑化に資するため、JETが小型分散型発電システムの系統連系保護装置及び系統連系用インバータ(以下「系統連系装置等」といいます。)の製造事業者,流通事業者,輸入事業者等の申込みに応じて、認証試験及び工場調査を実施し、認証することを目的としています。

適用の範囲

認証の範囲は、電気事業法の小出力発電設備のうち、逆変換装置等を用いた系統連系装置等であって、低圧配電線へ連系要件に適合することを前提とした以下のものとします。

  • 太陽光発電システム用にあっては出力20kW未満のもの
  • ガスエンジンコジェネシステム用にあっては出力10kW未満のもの
  • 定置用小型燃料電池システム用にあっては出力10kW未満のもの
  • 定置用リチウムイオン蓄電池用の充放電システムであって、出力10kW以下のもの
  • 太陽電池と定置用リチウムイオン蓄電池との複数入力用であって、出力が10kW以下のもの
  • ガスエンジンコジェネと定置用リチウムイオン蓄電池との複数入力用であって、出力が10kW未満のもの
  • 定置用小型燃料電池と定置用リチウムイオン蓄電池との複数入力用であって、出力が10kW未満のもの
  • 電気自動車等搭載蓄電池(直流接続型)用であって、出力が10kW未満のもの
    ※多数台認証において、6kWを超える製品にあっては試験条件を別途相談させていただきます。
  • 太陽電池と電気自動車等搭載蓄電池(直流接続型)との複数入力用にあっては、出力が10kW未満のもの

認証登録までの流れ

認証制度の業務フローを図1に示します。

図:フローチャート

図1 認証制度の業務フロー

  • 認証申込
    本認証は認証申込者において,認証製品として販売することができるものと同等の状態にある系統連系装置等の製品の識別記号(型番)毎に認証申込を受け付けます。
  • 認証試験
    認証試験は、系統連系装置等が認証試験基準に定めた保護機能,性能及び安全性に係る試験に適合していることを確認します。
  • 工場調査
    工場調査は、認証試験基準に適合した製品が継続的に製造することができる品質管理体制にあることを確認するため、初回工場調査及び原則年一回の定期工場調査を実施し確認します。
  • 認証登録
    認証試験及び工場調査に適合した製品を認証登録し、公表(現在、JETホームページで公表)します。
  • 認証有効期間
    認証有効期間は、5年間です。ただし、系統連系規程等の改定があった際には、必要に応じて事前に周知した上で、有効期間を短縮する場合があります。
  • 認証ラベル
    認証製品を製造する工場から出荷するまでの間に下記の認証ラベルを認証製品の見易い箇所に貼付していただきます。
認証ラベル

認証試験の概要

系統連系認証制度に係る試験方法には、各システムの共通項目を纏めた試験方法通則と各システムにおける特有な試験項目を記した個別試験方法があり、試験方法通則と該当する発電システムの個別試験方法を組み合わせて認証試験を実施いたします。

  • 小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の試験方法通則
  • 太陽光発電システム用系統連系保護装置等の個別試験方法(太陽光発電用)
  • ガスエンジンコジェネシステム用系統連系保護装置の個別試験方法(ガスコジェネ用)
  • 定置用小型燃料電池システム用系統連系保護装置等の個別試験方法(燃料電池用)
  • 多数台連系対応型太陽光発電システム用系統連系保護装置等の個別試験方法(多数台用)
  • 蓄電池システム用系統連系保護装置等の個別試験方法(蓄電池用)
  • 複数直流入力システム(PV+BS)用系統連系保護装置等の個別試験方法(PV+BS用)
  • 複数直流入力システム(GE+BS)用系統連系保護装置等の個別試験方法(GE+BS用)
  • 複数直流入力システム(FC+BS)用系統連系保護装置等の個別試験方法(FC+BS用)
  • 電気自動車等搭載蓄電池(直流接続型)用系統連系保護装置等の個別試験方法(EV用)
  • 複数直流入力システム(PV+EV)用系統連系保護装置等の個別試験方法(PV+EV用)

認証試験は、連系している配電線の事故・停電時や発電システムの故障時などに自動的に発電システムを系統から切り離すための各種連系保護機能の動作確認とインバータの直流入力の変動,負荷の変動及び電源系統から流入する各種擾乱に対する安定性・耐環境性などの性能試験から構成しています。大別すると以下のとおり12項目あり、試験内容は50項目となります。

  • 構造試験
  • 絶縁性能(絶縁抵抗,商用周波耐電圧,雷インパルス耐電圧)
  • 保護機能(模擬入力試験:交流過電流,直流過電圧及び不足電圧,直流分検出,実運転試験:交流過電圧及び不足電圧,周波数上昇及び周波数低下,逆電力防止,逆充電防止,周波数フィードバック機能,ステップ注入機能,単独運転防止1,単独運転防止2,復電後の一定時間投入阻止,瞬時(不平衡)過電圧)
    系統連系に必要な保護機能(電圧・周波数異常,単独運転防止機能など)の保護レベル・動作時間が規定値内であること。
  • 定常特性(交流電圧追従,周波数追従,運転力率,出力高調波電流,漏洩電流,電圧上昇制御機能,温度上昇,ソフトスタート機能)
    インバータが配電線に出力する電力の力率,電流歪み率など基本特性が規定値以内であること。
  • 過渡応答特性(入力電力急変,系統電圧急変,系統電圧位相急変(10°),系統電圧位相急変(120°),系統電圧不平衡急変)
    日射や配電線電圧などの急変に対して,インバータ出力が乱れることなく安定に動作すること。
  • 外部事故(交流短絡,瞬時電圧低下,負荷遮断)
    配電線の瞬時電圧低下時にインバータ出力が乱れることなく安定に動作すること。
  • 環境適合性(電波障害,伝導障害)
    インバータが外部に対して電波雑音,伝導障害などの悪影響を及ぼさないこと。
  • 耐電気環境(系統電圧歪耐量,系統電圧不平衡,サージイミュニティ,ノイズ耐量 他5項目)
    配電線電圧の歪みやサージ電圧などの外的雑音により,インバータに誤動作などの応動がないこと。
  • 耐周囲環境(湿度,温湿度サイクル,注水)
    インバータが置かれる周囲環境(温湿度条件)においても絶縁性能が保たれること。
  • 耐久性
    機械的動作を伴う開閉器などの性能が保証されること。
  • 部品故障
  • 自立運転試験

注;製品の仕様や発電システムの違いによっては、実施されない試験もあります。

試験方法のお申込み

平成28 年9 月1 日付で、小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の試験方法通則及びシステム毎の個別試験方法(以下、「試験方法」という。)が、最近の状況を踏まえ改正されました。

試験方法のお申込フォームはこちらから

認証試験混雑状況

系統連系保護装置認証試験混雑状況の表

登録リスト

現在有効な登録モデルはこちらの有効リストをご覧下さい。

※しおりに登録番号や認証取得者名を入れてありますので、検索の際、活用下さい。

登録有効期限を超えたモデル(抹消モデル)

※認証の有効期限について
有効期限とは、認証取得者(登録者)が認証登録製品を製造し出荷することが出来る期限であり、有効期限内に製造し出荷された製品は、有効期限終了後においても認証登録品と相違ありません。

お申込みについて

書類名 ファイル形式
小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の
JET認証業務規程(H28.09改訂版)
  PDF
認証(更新)申込書
認証の手引き
様式1-1 WORD PDF
様式1-2 WORD PDF
様式1-3 WORD PDF
認証申込みに係る承諾事項   PDF
主要部品・材料一覧表 WORD PDF
JET工場調査票(セクションB) 日英文併記版WORD 日英文併記版PDF
改善説明書(様式16) WORD PDF
改善品提出延期届(様式17) WORD PDF
認証証明書記載事項変更届書(様式7) WORD PDF
部分変更届書(様式9) WORD PDF
様式第11 認証抹消届 WORD PDF
様式第5  複本証明書等発行請求書 WORD PDF
認証ラベル発行申込書(様式18) WORD PDF
認証ラベル保管責任者選定届(様式19) WORD PDF
認証手数料(H28.04改定版)   PDF

技術的な内容に関するお問い合わせ

電力技術試験所 TEL:045-570-2075 FAX:045-570-2077 E-mail:jet-grid@jet.or.jp

更新日付:2016.12.06