電気製品等の認証

JETロボット認証

JETロボット認証制度の概要

2016年4月20日に生活支援ロボットの安全要求事項を規定する下記の4規格が発行されたことを受け、それらを適用したJETロボット認証を提供しております。

  • JIS B 8445 :ロボット及びロボティックデバイス ― 生活支援ロボットの安全要求事項
  • JIS B 8446-1:生活支援ロボットの安全要求事項 ― 第1部:マニピュレータを備えない静的安定移動作業型ロボット
  • JIS B 8446-2:生活支援ロボットの安全要求事項 ― 第2部:低出力装着型身体アシストロボット
  • JIS B 8446-3:生活支援ロボットの安全要求事項 ― 第3部:倒立振子制御式搭乗型ロボット

JETロボット認証では、ロボットの設計に伴い、JIS B 8445(ISO 13482)に基づいてお客様の実施されたリスクアセスメント結果の評価、及びリスクアセスメントの妥当性を確認するための機械安全、電気安全、EMCの試験を実施します。また、製造工場の現場で行う工場調査により、生産するロボットが認証要件を満たすことを確認し、以降年1回の定期工場調査、さらに認証の有効期限としている3年毎には更新審査を実施して、認証マークを表示するロボットが継続的に規格に適合していることを確認します。

JETロボット認証の優位性

生活支援ロボットに係る上記のJIS規格は、2014年発行の国際規格ISO 13482に対する整合規格であるJIS B 8445に加え、生活支援ロボットのタイプ別に、より具体的な要求事項を規定したJIS B 8446シリーズが、日本独自の規格として追加されています。それらの個別規格は今後、日本からISOに提案される予定のため、JETロボット認証は国際規格を先取りした認証であると言えます。

また、JIS B 8446の個別規格には、機械安全だけでなく、JETが得意とする火災や感電の防止などの電気安全に関する要求事項も追加されていることから、JETが従来から有している技術的な知見を十分に生かした認証が可能となります。

さらに、設計面での安全確認に加え、JETで現在実施している家電等の認証と同様に、工場調査により製造面での安全確認をも行うことで、JETロボット認証では万全の安全確認が可能となります。

JETロボット認証マーク

認証要件を満たすロボットには、下記の認証マークを表示することができます。また、このマークの近傍に適合規格を記載することもできます。(下の例では右側)

認証マーク

欧州市場への展開を支援

JETは、EZU(チェコ)と業務提携しています。欧州の認証機関との業務提携をさらに拡大するとともに、JIS B 8446が国際規格に反映されるよう働きかけていくことで、JETの評価データの活用の幅を広げていきます。

認証登録リスト

最新の認証登録リスト:平成28年04月分より(H28.09.15現在)

※登録の詳細情報につきましては、認証番号をクリックして下さい。

認証書番号 認証登録日 認証取得者 製品名 試験(評価)基準
RT001-001 2016-04-20 パナソニック株式会社 自律搬送ロボット
HOSPI
JIS B 8445:2016
(ISO 13482:2014)
JIS B 8446-1:2016

お申し込みについて

各お申込書様式につきましては、下記お問い合せ先までご請求下さい。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所 技術規格部
ロボット・HEMS機器評価センター 小野、成田
TEL:03-3466-5126 FAX:03-3466-5142 E-mail:robot-hems@jet.or.jp

更新日付:2016.09.15