マネジメントシステム認証サービス

各種マネジメントシステム認証サービスのご案内

JETのマネジメントシステム認証のシンボル
各マネジメントシステム認証のシンボル 情報セキュリティメネジメントシステム認証サービス 労働安全衛生マネジメントシステム認証サービス 環境マネジメントシステム認証サービス 品質マネジメントシステム認証サービス エネルギーマネジメントシステム認証サービス

JETマネジメントシステム認証サービスのスコープ

「ISO」規格は、国際標準化機構(ISO)により策定、制定された規格をいい、これらの規格は、国際的な標準規格として位置付けられていることから、その 多くが各国の国家規格として採用されています。国際規格である「ISO9001」、「ISO14001」、及び「ISO27001」に基づく認証は、認定機関(日本は(財)日本適合性認定協会(JAB)、または(財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC))から認定を受けたJETなどの認証機関が行っています。

「OHSAS」規格は、「Occupational Health and Safety Assessment Series」規格の略であり、日本語では、一般的に「労働安全衛生(又は職業上の健康と安全)審査シリーズ」と訳され、労働者の健康被害や労働災害など に対する労働安全衛生リスクを管理し、そのパフォーマンスを向上させるための仕組みです。この規格は「ISO」として規格化されていませんが、労働安全衛 生に関して唯一国際的に認知された規格となっています。

JETは、「ISO9001」規格に基づく「品質マネジメントシステム認証」、「ISO14001」規格に基づく「環境マネジメントシステム認証」、「OHSAS18001」規格に基づく「労働安全衛生マネジメントシステム認証」、「ISO27001」規格に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム認証」及び「ISO50001」規格に基づく「エネルギーマネジメントシステム認証」のサービスを行っています。

「ISO9001」規格、「ISO14001」規格、「OHSAS18001」規格、「ISO27001」規格及び「ISO50001」規格における審査事項(規格要求事項)には内容的に共通する部分があることから、JETではこの「共通する部分に関する審査」を同時に行って審査の効率化と合理化を図るなど、お客様にもメリットのある「統合審査」も実施しています。「統合審査」に際しては、「共通する部分に関する審査」を同時に行うとともに、各規格の「個別に関する審査」を組み合わせて行い、それらの審査結果に基づき、「品質マネジメントシステム認証証」、「環境マネジメントシステム認証証」、「労働安全衛生マネジメントシステム認証証」、「情報セキュリティマネジメントシステム認証証」及び「エネルギーマネジメントシステム認証証」を同時に発行することができます。

またJETでは、国際認定機関フォーラム(IAF)の相互承認協定(MLA)を締結している認定機関(例えば、日本では「(財)日本適合性認定協会(JAB)」、英国では「英国認証機関認定審議会」(UKAS))、オランダでは「オランダ認定評議会(RvA)」、など)から認定されている他の認証機関からの認証の移転について、所定の手続きにより、速やかに行っております。お気軽にご相談ください。

さらに、「ISO22000」(食品安全マネジメントシステム−フードチェーンの組織に対する要求事項)に基づく「食品安全マネジメントシステム認証」規格について、「英国認証機関認定審議」(UKAS:United Kingdom Accreditation Service)の認定を受けている認証機関と提携しています。JETでは、提携機関への申請代行などのサポートを行っておりますので、是非ご利用願います。

JETマネジメントシステム認証サービスの特徴

お客様(事業者)の品質保証体制や地球環境保全、更に労働安全衛生に係るリスク管理とパフォーマンス向上に対する取り組みを評価することは、事業者に対するイメージ、また、「顧客」が製品やサービスを選ぶ選択肢の一つになってきています。

JETでは、以下の視点から、事業者に高品質な認証サービスを提供しています。

  • 規格適合性のみならず、マネジメントシステムの効果的な実施、維持、更に継続的改善の実施等の結果から、マネジメントシステムの有効性を適確に評価する
  • P(計画)→D(実行)→C(点検)→A(処置)サイクルの運用状況を適確に評価する
  • QMS、EMS、OHSAS及びISMSなど、複数のマネジメントシステムを採用している事業者にとって、各マネジメントシステムが融合したシステムとなる
  • 更に、採用したマネジメントシステムが事業者の事業活動、事業繁栄に役立つ
  • 事業者にメリットのある「品質マネジメントシステム」と「環境マネジメントシステム」、「労働安全衛生マネジメントシステム」、「情報セキュリティマネジメントシステム」及び「エネルギーマネジメントシステム」に係る審査を同時に行う「統合審査」の実施。この統合審査では、「ISO9001」規格、「ISO14001」規格、「OHSAS18001」規格、「ISO27001」規格及び「ISO50001」規格の「共通する部分に関する審査」を同時に、また両規格の個別に関する審査」を組み合わせて行い、審査の効率化と合理化を図っています。

更新日付:2011.08.05