電気製品等の認証

ECHONET Lite認証 及び SMA認証

JETは、一般社団法人エコーネットコンソーシアムにより認定された試験・認証機関として、エコーネットコンソーシアムの会員を対象に、ECHONET Lite規格及びAIF仕様への適合性試験及び適合性認証のサービスをワンストップで提供しております。

ECHONET Lite認証

【ECHONET Lite認証とは】

ECHONET Lite認証は、一般社団法人エコーネットコンソーシアムが規定した通信プロトコルであるECHONET Lite規格への適合を認証するものです。

【AIF認証とは】

AIF認証は、一般社団法人エコーネットコンソーシアムが規定したエネルギーマネージメントに関する通信仕様である 低圧用スマート電力量メータ、高圧用スマート電力量メータ、HP給湯器、家庭用エアコン、住宅用太陽光発電、瞬間式給湯器、照明器機、蓄電池、自動車用充電器、自動車用充放電器、燃料電池と(H)EMSコントローラ間アプリケーション通信インターフェース仕様書への適合性を認証するものです。

なお、AIF認証の中で、低圧/高圧スマート電力量メータ・(H)EMSコントローラ間アプリケーション通信インターフェース仕様への適合性の認証をSMA認証と言います。

AIF認証

・AIF認証(SMA認証を除く)とECHONET Lite認証を同時に申請するフロー

CHONET Lite認証の流れ

※これ以外に、@AIF認証とECHONET Lite認証を順に申請するフロー A認定認証機関と認定試験機関への申請を別に行う申請フロー の2つがあります。


・SMA認証とECHONET Lite認証を同時に申請するフロー

CHONET Lite認証の流れ

※これ以外に、@SMA認証とECHONET Lite認証を順に申請するフロー A認定認証機関と認定試験機関への申請を別に行う申請フローの2つがあります。

AIF認証

AIF認証を取得するためには、一般社団法人エコーネットコンソーシアムから認定された第三者試験機関での適合性試験の実施が必要となります。また、SMA認証の前提としてのECHONET Lite認証を取得するためにも必要です。

JETは、認定試験機関として、全ての対象機器に対して、AIF適合性試験及びECHONET Lite規格への適合性試験を実施しております。

JETにて実施可能な試験環境・仕様等についてはこちら(2016.4.15現在) をご参照下さい。


※試験環境・仕様等は随時更新されますので、最新版をご確認下さい。

お申し込みについて

エコーネットコンソーシアムの会員の皆様に「申請書類様式」及び申請に関する詳細を記述しました「申請の手引き」を用意しておりますので、protocol@jet.or.jpまでご請求下さい。

お問い合わせ先

試験に関するお問合せ:東京事業所 通信試験グループ
TEL:03-3466-5234 E-mail:aiftest@jet.or.jp
 
認証に関するお問合せ:ロボット・HEMS機器評価センター 通信評価グループ
TEL:03-3466-5126 E-mail:protocol@jet.or.jp

更新日付:2016.04.26