各種試験サービス

LEDの光生物学的安全性

概要

LEDを利用した電気製品の普及に伴い、光の放射による人体(目や皮膚)への影響を評価する重要性が高まって来ています。この光生物学的安全性の確認として、国際規格ではIEC62471、日本ではJIS C 7550が規格化されています。JETはこれらの規格による測定サービスを提供します。

JETは、IEC62471(2006)によるCBレポートの発行を行うほか、JIS C 7550の試験成績書を発行します。

1.光生物学的安全性の測定サービス

IEC62471及びJIS C 7550におけるリスク評価項目は、次のように規定されており、生物学的傷害の度合いに応じてリスクグループ分類の評価を実施しています。

  • 目及び皮膚に対する紫外放射傷害(ES ) 200〜400nm
  • 目に対する近紫外放射傷害(EUVA ) 315〜400nm
  • 青色光による網膜傷害(LB ) 300〜700nm
  • 小形光源の青色光による網膜傷害(EB ) 300〜700nm
  • 網膜の熱傷害(LR ) 380〜1400nm
  • 網膜の低可視光熱傷害(LIR ) 780〜1400nm
  • 目の赤外放射傷害(EIR ) 780〜2500nm(IEC 62471 780〜3000nm)
2.現在、光生物学的安全性が要求されている規格
  • JIS C 7624:放電ランプ
  • JIS C 8154:一般照明用LEDモジュール
  • JIS C 8156:一般照明用電球形LEDランプ
  • JIS C 8159-1:一般照明用GX16t-5

お申込みについて

書類名 ファイル形式
依頼試験
試験依頼書
和文 (記載方法) WORD PDF
英文 WORD PDF

お問い合わせ先

光の測定サービス:
製品エンジニアグループ
TEL:045-582-2401 FAX:045-582-2372 E-mail:opt@jet.or.jp

更新日付:2020.06.01