海外認証関連業務

CCC認証についてのトピックス

2013.09.04

中国の公告第2013年第34号により「エネルギー効率ラベル管理弁法」の実施規則の改定が公表されました。

中国の公告2013年第34号により、「エネルギー効率ラベル管理弁法」の実施規則の改定が公表されました。
これに伴い、「中国お役立ち情報」に掲載しております「中国のエネルギー効率規制について」を更新いたしましたので参考にしてください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2013.04.24

中国CCC強制認証の対象となる医療機器に関して、CQCの認証機関としての業務が暫定的停止となりました。

【中国CCC強制認証の医療機器に関する情報】

中国CCC強制認証の医療機器に関して、今年3月末から、CQCの認証機関としての業務運用及び実施が暫定的に停止となりました。
以下が、その理由です。

中国全国党大会の人民大会より、食品及び医薬品の管理権限を統一するため、3月22日に「国家食品医薬品監督管理総局」を設立し、今までの食品安全事務局、食品医薬品監督局、質量検験検疫総局(AQSIQ)等が管轄する製造管理及び安全監督管理の責任、並びに国家工商行政管理総局(SAIC)が担当する流通時の安全監督管理の責任を統合した。 「国家食品薬品監督管理総局」の責務は、製造、流通、消費に関し、食品安全及び医薬品安全並びに有効性に対し、一貫する監督管理を実施する。

なお、CQCに今後の医療製品に対する動きを確認しましたが、現時点では具体的な案はないようです。但し、CQCで登録したCCC医療製品の定期工場調査について、今年の実施は暫定停止とのことです。
また、CCCマークがなく輸入出来ない急ぎの案件について、CQCは現時点で受理可能とのことです。

上記のとおり、現時点の情報では、今年の定期工場調査は暫定停止ですが、現有のCCC認証については新たに公告が発令されるまで、そのまま使用可能と考えます。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2012.02.17

「中国お役立ち情報」に情報を追加しました。

「中国お役立ち情報」に、「中国のエネルギー効率規制について」を新たに追加いたしました。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2012.01.11

中国CQCより規格更新のCQC通知が公表されました。

CQC通知(8/4):家庭用及び類似用途の電気自動制御装置の適用規格最新版は、2011年9月1日から実施されます。適用規格年版更新申請の受理期限は、2012年9月1日までとしています。

CQC通知(12/29):EUのRoHS指令2002/95/EC及び2005/618/ECの2011/65/EUへの変更に伴い、CQC-RoHS認証の最新適用規格も2011年8月1日から実施されます。

これらの通知を含め2011年に公布された公告・通知等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証等の申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.12.16

中国CNCAより公告第32号及び33号、その他CQC通知が公表されました。

公告第32号(12/1):CCC強制認証適用製品のオートバイ及びオートバイエンジンについて、適用規格が公表されました。当該公告発表日(11/25)から12ヶ月間以内或いは実施日までに適用規格の更新及び認証書の書き換えを行わなければなりません。

公告第33号(12/1):CCC強制認証適用製品の車及び車部品の強制認証適用製品について、適用規格が公表されました。当該公告発表日(11/25)から12ヶ月間以内或いは実施日までに適用規格の更新及び認証書の書き換えを行わなければなりません。

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証等の申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.10.26

「中国お役立ち情報」に情報を追加しました。

「中国お役立ち情報」に下記の2種類の情報を新たに追加しました。

  • モータ類製品の中国認証について
  • 中国へ輸出する為の行政許可制度(拡大版)
    (JET Reportvol,52に掲載しましたが、「機電製品輸入許可制度」及び「中古機電製品輸入許可制度」について、HSコードも記載しました。)

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.10.26

中国CNCAより公告第25号が公表されました。

公告第25号(10/17):電動工具製品のCCC強制認証実施規則について2011年版が公表されました。この最新版の実施規則は2012年3月1日から正式実施とされます。
CNCA-01C-014:2011 「電気電子製品強制性認証実施規則―電動工具製品」

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証等の申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.09.22

中国CNCAより公告第20号及び第21号が公表されました。

中国CNCAより公告第20号が公表されました。
公告第20号(9/2):コンタクター、モータースタータ(モーター保護器を含む)の適用規格GB14048.4-2010版は、2011年9月1日から実施されます。

中国CNCAより公告第21号が公表されました。
公告第21号(9/2):家庭用及び類似用途のモーターコンプレッサー類製品の適用規格GB4706.17-2010版は、2011年9月15日から実施されます。

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証等の申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.09.15

中国CNCAと工業情報産業省より連合公告第18号及びCNCAより公告第19号が公表されました。

中国CNCAと工業情報産業省より連合公告第18号が公表されました。
連合公告第18号(8/25):「国家指定の電子類情報機器製品のRoHS任意認証(第一次)目録及び規制物質応用特例要求の公告」が8月25日に正式公表されました。

中国CNCAより公告第19号が公表されました。
公告第19号(7/26):公告第18号に関連し、公告第19号が公表されました。 その公告第19号では、国指定のRoHS任意認証の実施規則について述べられていますが、このRoHS任意認証は、2011年11月1日から正式実施されます。

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証等の申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.07.28

「中国お役立ち情報」に下記の4種類の情報を新たに追加しました。
  • モーター製品のエネルギー効率ラベルに関する現状について
  • CCC認証、GB規格、HSコードなどの各種資料の入手先情報
  • 家電機器等の非金属材料の確認試験強化について
  • 中国の“国が指定した任意認証”及びCCC強制認証以外の許認可・登録制度(JET Report vol.51より)

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.07.27

中国CQCより小電力モーターのエネルギー効率ラベル認証に関する通知(7/13)が公表されました。

CQC通知(7/13)
小電力モーターのエネルギー効率ラベル認証:
GB25958-2010「小型三相非同期モーターのエネルギー消費効率限定値及びエネルギー消費効率レベル」は、2011年7月1日から正式実施されました。以下の適用範囲内の中型及び小型モーターは、CQC省エネ認証の適用品目として認証を実施します。

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.07.08

中国CNCAより公告第11号及び公告第12号、CQCより2件の通知(6/14及び6/16)が公表されました。

中国CNCAより、以下2件の公告が公表されました。

公告第11号(6/17):消防製品類のCCC強制認証実施規則について、2011年版が公表されました。最新版の実施規則は2011年10月1日から正式実施とされます。

公告第12号(6/30):溶接機のCCC強制認証実施規則について、2011年版が公表されました。最新版の実施規則は2012年1月1日から正式実施とされます。

中国CQCより、以下2件の通知が公表されました。

CQC通知(6/14)
「建築の装飾材料類製品認証実施規則最新版」へ更新のための書き換え申請については、2011年8月1日前までに完了しなければなりません。期限までに認証書の書き換えが完了していない場合には、認証書は強制取消とされます。書き換えがまだ完了していないメーカーは、大至急申請を行うようお願い致します。

CQC通知(6/16)
「プリンタ、ファクス、複合機類製品のエネルギー効率ラベル認証」の適用規格GB25956−2010年版が2011年7月1日から実施されます。

これらの公告を含め2011年に公布された公告等の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.05.24

中国CNCAより、連合公告第55号及び公告第9号が公表されました。

中国CNCAより、以下2件の公告が公表されました。

CNCA公告第9号(5/9):8種類のCCC強制認証実施規則について、2011年版が公表されました。最新版の実施規則は、2011年8月1日から正式実施とされます。

CNCA連合公告第55号(4/21):2013年1月1日より、消防類製品がCCC強制認証適用品目に追加されます。CCCマークが無ければ中国への輸出、出荷、販売が出来ません。申請の受付は、2011年10月から開始します。

これらの公告を含め2011年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2011.04.21

中国CQCより、省エネ認定技術規定等に関する通知が公表されました。

中国CQCより、省エネ認定技術規定等に関する3件の通知が公表されました。

【CQC通知(1/7):プリンタ、Faxの省エネ認証技術規定 (CQC3109-2010)】
2011年1月8日から、プリンタ(701004類)、ファックス(701005類)、印刷或いはファクス機能を持つデジタル複合機(701006類)に対する、省エネ認証の技術規定が改訂されました。

【CQC通知(3/29):UPS電源製品の省エネ認証技術規定 (CQC3108-2011)】
2011年4月1日から、UPS電源に対する、省エネ認証の技術規定が改訂されました。

【CQC通知(4/14): 器具用スイッチ 第一部分 共通要求事項 (GB15092.1-2010)】
器具用スイッチの適用規格GB15092.1-2010版が2011年1月14日に発表され、2011年12月1日から実施されます。

これらの公告を含め2011年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請のご依頼については、以下のJET東京事業所国際業務担当グループまでお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.12.28

中国CCC強制認証に関連して2010年の公告第39号及び40号が公表されました。
公告第39号 中国CNCAは、情報セキュリティ製品マーク及び国推薦の汚染管理認証マークに対し、認証マークの管理を強化するため、2010年11月10日に「情報セキュリティ製品マーク及び国推薦の汚染管理認証マーク管理規定」を公布しました。
公告第40号 『強制的製品認証管理規定-総局117号令』の要求に従い、下記玩具類製品強制認証実施規則が改定されます。2011年1月1日から玩具類製品の新規申請は、新しい実施規則の要求に従い実施されます。
  • 『子供用車類製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-068:2010)
  • 『電動類玩具製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-069:2010)
  • 『プラスチック類玩具製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-070:2010)
  • 『金属類玩具製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-071:2010)
  • 『弾丸射撃類玩具製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-072:2010)
  • 『人形類玩具製品強制認証実施規則』(CNCA-13C-073:2010)

これらの公告を含め2010年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.08.23

中国CCC強制認証に関連して2010年の公告第29号及び34号が公表されました。
公告第29号 2010年公告4号の要求に対し、2010年8月1日から小電力モーターの適用規格は、GB12350-2009とされます。
公告第34号 下記の照明器具用安定器の適用規格2009年版は、2010年12月1日から強制実施されます。2011年12月1日前までに、認証機関へ旧規格から新規格への更新申請を提出しなければなりません。
  • ランプ制御装置−第1部:一般要求事項及び安全要求事項
  • 蛍光灯用交流電源電子式安定器の特定要求事項
  • 蛍光灯用安定器の特定要求事項
  • 放電ランプ(蛍光灯を除く)用安定器の特定要求事項
この公告34号に関連する「版上げ相違点試験内容」については、参考和訳を用意いたしました。こちらを参照下さい。)

これらの公告を含め2010年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.07.29

中国CCC強制認証に関連して2010年の公告第27号が公表されました。
公告第27号 IT類及びAV類強制認証製品に対し、CCC強制認証実施規則2010年版は、2010年12月1日から強制実施されます。
  • この公告を含め2010年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.06.14

中国CCC強制認証に関連して2010年の公告第16号が公表されました。
公告第16号 農機具製品強制認証実施規則 トラクタ 中小動力の車輪型トラクタの実施規則は、2010年5月1日から正式実施されます。
  • この公告を含め2010年に公布された公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.03.23

中国CCC強制認証に関連して2009年の公告第7,8,11,12,13号が昨年3月に公表済みです。

中国CCC強制認証に関連して2009年の公告第7号、8号、11号、12号、13号が昨年3月に公表されておりましたが、この件についてはJETのホームページに未掲載となっておりました。申し訳ございません。
コードセットについては6月1日、ポリ塩化ビニールコードに関しては5月1日までに更新が完了しない場合、一時休止となる等の重要な情報を含んでいますので関連企業の皆様はご注意ください。
旧版の認証書をお持ちの場合には早急に更新手続き等の対応をお願い致します。

1. 公告2009年公告第7号
コードセット製品の適用規格GB15934-1996は、GB15934-2008に変更されました。
内容概要 旧版規格GB15934-1996を廃止し、2009年6月1日からGB規格GB15934-2008をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年6月1日から2010年6月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年9月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
当該年版更新の対象製品は、コードセットです。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
CNCA公告
2009年第7号
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/125501.shtml
年版更新申請の
関連情報
  • GB15934-2008 :Electrical accessories―Cord sets and interconnection cord sets
    IDT to: IEC 60799:1998 Ed.2.0
  • 新規格への変更は、追加試験が必要です。
2. 公告2009年公告第8号
3G移動端末が、CCC認証対象品目に追加されました。
内容概要 3G移動端末は、CCC認証対象品目に追加されました。
受理開始日 2010年1月1日から
対象品目 TDMA(GSM)、CIMA移動端末、3G移動端末
適用試験規格 YD/T1592.1-2007: Technical Specification and Testing Methods for Electromagnetic
Compatibility for TD-SCDMA Digital Cellular Mobile Communications System
Part 1:User Equipment and Ancillary Equipment
YD/T1595.1-2007: Requirements and Measurement Methods of Electromagnetic
Compatibility for 2GHz WCDMA Digital Cellular Mobile Communication System
Part1:User Equipment and Ancillary Equipment
YD/T1597.1-2007: Requirement and Measurement Methods of Electromagnetic
Compatibility for 2GHz cdma2000 Digital Cellular Mobile Communications System
Part1:User Equipment and Ancillary Equipment
CNCA公告
2009年第8号
認証取得製品は、CCC強制認証実施規則CNCA-08C-031:2007の要求にも適合しなければなりません。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/125502.shtml
3. 公告2009年公告第11号
ポリ塩化ビニルコード製品の適用規格GB/T5023.1〜5が、GB GB/T5023.1〜5-2008に変更されました。
内容概要 旧版GB規格GB/T5023.1〜GB/T5023.5-1997は、2009年5月1日からGB/T5023.1〜GB/T5023.5-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年5月1日から2010年5月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年8月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
当該年版更新の対象製品は、「定格電圧450/750V以下の塩化ビニル絶縁ケーブル」です。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
CNCA公告
2009年第11号
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/142702.shtml
年版更新申請の
関連情報
  • 新規格への変更は、一部の製品に対し、追加試験が必要です。
  • 型式試験レポートなしの年版更新は、全項目試験が必要です。
  • 適用規格
    • GB/T5023.1-2008:Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to
      including 450/750 V―Part 1:General requirements IDT to IEC60227.1-2007
    • GB/T5023.2-2008:Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to
      and including 450/750 V―Part 2:Test methods IDT to:  IEC 60227-2:2003
    • GB/T5023.3-2008:Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to
      and including 450/750 V―Part 3:Non-sheathed cables for fixed wiring IDT to:IEC 60227-3:1997
    • GB/T5023.4-2008:Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to
      and including 450/750 V―Part 4:Sheathed cables for fixed wiring IDT to:IEC 60227-4:1997
    • GB/T5023.5-2008:Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to
      and including 450/750 V―Part 5:Flexible cables (cords) IDT to: IEC 60227-5:2003
4. 公告2009年公告第12号
鉄道車両用ケーブル製品の適用規格GB/T12528が、2008年版に変更されました。
内容概要 内容概要:旧版GB規格GB12528.1-1990、GB12528.11-2003、JB/T8145-1995は、2009年4月1日からGB/T12528-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年4月1日から2010年4月1日までに完了しなければなりません。期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年7月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。当該年版更新の対象製品は、「交流定格電圧3KV以下の鉄道車輌用ケーブル」です。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
CNCA公告
2009年第12号
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/142751.shtml
年版更新申請の
関連情報
  • 新規格への変更は、一部の製品に対し、追加試験が必要です。
  • 型式試験レポートなしの年版更新は、全項目試験が必要です。
  • 天然スチレンブタジエンゴム絶縁ケーブル−DCXFシリーズの製品は、CCC強制認証対象品目から除外されました。
  • 以下の6種類の製品が、CCC強制認証対象品目に追加されました:
    WDZ-DCYJ/2-125、WDZ-DCYJ/3-125、WDZ-DCYJB/2-125、
    WDZ-DCYJB/3-125、WDZ-DCYJ/2-150、WDZ-DCYJ/3-150
5. 公告2009年公告第13号
鉱山用ゴム絶縁ケーブル製品の適用規格GB12972が、2008年版に変更されました。
内容概要 旧版GB規格GB12972-1997は、2009年4月1日からGB12972-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年4月1日から2010年4月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年7月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
当該年版更新の対象製品は、「交流定格電圧3KV以下の鉄道車輌用ケーブル」です。
CNCA公告
2009年第13号
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/142752.shtml
年版更新申請の
関連情報
  • 新規格への変更は、製品の構造、電圧クラス、公称断面積に対する要求を追加し、製品の一部の特性の要求も変わりました。よって、追加試験が必要です。
  • 型式試験レポートなしの年版更新は、全項目試験が必要です。
  • UM型の鉱山労働者用ヘッドランプコードは、CCC強制認証品目から除外されました。

上記年版更新手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ 小林
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.02.18

中国CCC強制認証に関する2010年の公告第2号及び4号が公表されました。
また、CQCから家庭用及び類似用途の自動電気制御装置の新版試験規格に関する通知が公表されました。
公告第2号 2010年2月1日から、家庭用及び類似の固定電気設備の電気附属品のボックス及びエンクロージャの新版試験規格2008年版がCCC認証の適用規格とされます。
公告第4号 2010年8月1日から、小出力電動機の新版試験規格2009年版がCCC認証の適用規格とされます。
CQC通知
(2010年1月29日)
2010年2月1日から、家庭用及び類似用途の自動電気制御装置の新版試験規格2008年版がCCC認証の適用規格とされます。

この公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.01.21

中国CCC強制認証に関連して2010年の公告第1号が公表されました。
公告第1号 家電及び類似用途の電気製品の強制認証実施規則に対し修正が行われました。
最新版の実施規則は、2010年5月1日から正式実施されます。

この公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.01.21

中国CCC強制認証に関連して公告58号及び59号が公表されました。

中国CCC強制認証に関連して次の公告が公表されましたのでお知らせいたします。

公告58号 2010年4月1日から左記の家電製品及び電動工具並びに類似製品の無線妨害特性の限度値と測定法の新版試験規格、GB4343.1-2009版がCCC認証の適用規格として適用されます。
公告59号 2009年12月31日から、左記の低電圧ヒューズ類製品及び残留電流保護装置類の新版試験規格GB/Z6829-2008及びGB/T.13539.2-2008版がCCC認証の適用規格とされます。

この公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2010.01.14

中国CCC強制認証に関し、認証書の取り消し等のリストが昨年12月28日にCQCより公表されました。

中国CCC強制認証に関連して、昨年12月28日にCQCより「一時休止の認証書リスト」、「回復した認証書リスト」、「辞退した認証書リスト」、「取消した認証書リスト」が公表されました。

なお、これらのリストは中国語で書かれていますが、お手持ちの認証書があれば認証書番号により、リストに載っているかどうかが確認できます。

公表された各認証書リスト

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2009.12.17

中国CCC強制認証に関する公告が公表されました。

中国CCC強制認証に関連して次の公告が公表されましたのでお知らせいたします。

公告44号(9月10日) 液体加熱機器、レンジフード、電子レンジ等の試験規格の改訂
公告48号(9月29日) 水槽用照明器具、常夜灯、地中埋込み型照明器具の対象品目追加
公告51号(12月1日) 低電圧器具製品の試験規格年版更新に関し、公告32、34号で公告された期限の延長
公告52号(12月2日) 携帯式IH調理器、厨房設備製品に適用される試験規格の改訂
公告53号(12月2日) 脱水機、洗濯機に適用される試験規格の改訂
公告54号(12月2日) 冷蔵用機器、アイスクリーム関連機器、可搬型調理器に適用される試験規格の改訂
公告55号(12月2日) 「家電機器及び類似用途の電気製品」で、電磁式かまど等の電磁式調理器具の要求事項の追加

これらの公告の概要については、一覧表にまとめましたので、こちらを参照下さい。

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2009.09.02

中国CCC強制認証管理規定(国家質検総局第117号令で公布済み)に関する、認証書の有効期限について、CNCAの公告第2009年42号が公表されました。

強制性製品認証管理規定」(国家質検総局第117号令)に基づいて、2009年9月1日以降、各強制認証の指定認証機関は、変更申請を含む発行される認証書に、認証書の有効期限が5年間であることを明記しなければならない。

2009年8月31日までに発行された有効な強制認証製品の認証書は、継続して使用することができる。認証書の書換えは、製品の変更や適用規格の年版更新等により、自然な移行方式に基づいて行う。

公表日 2009年8月28日
中国語原文 http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/205352.shtml

中国CCC強制認証及び任意認証の変更申請について、ご不明な点がある場合や申請を依頼する場合には、以下のJET東京事業所国際業務担当グループの担当者までお問合せください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
担当者:五十嵐、小林
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2009.08.03

中国CCC認証のCNCA試験規格の公告通知について。
1.2009年公告第34号
内容概要 2009年8月1日から以下の低電圧器具の試験規格は、2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
  • 低電圧開閉装置及び制御装置−Part 5-2制御回路機器及びスイッチング素子−近接スイッチ
    (旧:GB/T14048.10-1999  新:GB/T14048.10-2008) IDT:IEC60947:5.2:2004
  • 低電圧開閉装置及び制御装置−Part 6-1:多機能装置−切り替え装置
    (旧:GB/T14048.11-2002  新:GB/T14048.11-2008) MOD:IEC60947.6.1:2005
  • 残留電流駆動リレー(旧:JB8756-1998  新:GB/T22387-2008)

CCCの対象製品の認証書の書換えは、2010年8月1日までに完了しなければなりません。2010年10月31日までに、規格変更手続きが完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。

詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。

2009.07.30

CCC強制的製品認証管理規定の改正について。

AQSIQ(中華人民共和国国家質量監督検験検疫総局)は2009年7月3日に、AQSIQ第117号《強制的製品認証管理規定》が公布され、2009年9月1日から施行されることを発表しました。

従来の《強制的製品認証管理規定》からの主な変更点及び注意すべきところを、すべてではありませんが以下に示します。

第2条では、国家が特定した関連製品については、強制的製品認証を取得した後でなければ中国国内での出荷、流通、輸入を禁止しています。

第11条では、ODMやOEMに関連して、委託企業と委託先企業との間で署名された契約書のコピーを指定認証機関に提供することを規定しています。

第13条では、申請時に提出したサンプルとの一致性確認のために、工場調査でサンプルを抜き取り、試験ラボで型式試験を行うことを規定しています。

第22条で、認証書の有効期限を5年に定め、延長する場合には期限満了前90日以内に期間延長の申請を行うことを規定しています。また、認証書にウェブアドレス及び電話番号の記載が求められています。

第23条では、製品及び製品の包装における認証書内容の表示を規定しています。

第37条及び第38条では、各地方の質量技術監督局及び輸出入境検験検疫局による監督監査の実施及び違法行為に対する処置等を規定しています。

第42条では、強制的製品認証取得の免除について、以前の免除条項からの変更はありません。しかし、実際の運用面が強化され、「修理メーカーがメンテナンスサービスの提供を目的に輸入する部品」や「販売会社がユーザーアフターサービスのために輸入する部品」の名目での免除ができなくなっています。

なお、上記以外にも重要な項目が多くあります。詳細については《強制的製品認証管理規定》を参考和訳致しましたので参照してください。

《強制的製品認証管理規定》の参考和訳

2009.07.18

中国CCC認証試験規格の年版更新情報(2009年7月)について。

中国認証認可監督管理委員会CNCA及び認証機関中国認証質量中心CQCより、以下の製品試験規格年版を更新したとの知らせを頂きました。関連企業各位の早急の対応をお願い致します。

1. 2009年公告第33号
小型交流アーク溶接機の適用規格GB19213-2003は、廃版になりました。
内容概要 2009年6月1日から、小型交流アーク溶接機の試験規格:GB19213-2003を廃止する。
GB19213の認証書は、2010年6月1日前までに、GB規格GB15579.1-2004、GB15579.6-2008 で試験を行ない、認証書を書換えなければならない。
CCCの対象製品の認証書の書換えは、2010年6月1日までに完了しなければなりません。
2010年9月1日までに、規格変更手続きが完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/188659.shtml
2. 2009年公告第32号
低電圧器具の適用規格GB14048.2、GB14048.3、GB14048.5、GB14048.9、GB13539.3、GB17701は、2008年版に変更されました。
内容概要 2009年6月1日から、以下低電圧器具の試験規格:GB14048.2-2008、GB14048.3-2008、GB14048.5-2008、 GB14048.9-2008、GB13539.3-2008、GB17701-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の認証書の書換えは、2010年6月1日までに完了しなければなりません。
2010年8月31日までに、規格変更手続きが完了していない場合には、認証書は CQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第32号の中国語原文
(http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/186757.shtml)
年版更新申請の
関連情報
規格の版上げによる相違点の追加試験項目の中国語原文
適用規格の情報
  • GB14048.2-2008  Low-voltage switchgear and controlgear―Part 2:Circuit-breakers IDT:IEC 60947-2:2006(完全整合)
  • GB14048.3-2008  Low-voltage switchgear and controlgear―Part 3:Switches, disconnectors, switch-disconnectors and fuse-combination units IDT:  IEC 60947-3:2005 (完全整合)
  • GB14048.5-2008  Low-voltage switchgear and controlgear―Part 5-1:Control circuit devives and switching element―Electromechanical control circuit devices MOD:IEC 60947-5-1:2003 (参考規格)
  • GB14048.9-2008  Low-voltage switchgear and controlgear―Part 6-2:Multiple function equipment - Control and protective switching devices(or equipment)(CPS) IDT: IEC 60947-6-2:2007 (完全整合)
  • GB13539.3-2008  Low-voltage fuses―Part 3:Supplementary requirements for fuses for use by unskilled persons(fuses mainly for household and similar applications)―Examples of standardized systems of fuses A to F IDT:  IEC 60269-3:2006 (完全整合)
  • GB17701-2008  Circuit-breaker for equipment IDT:  IEC 60934:2007 (完全整合)
3. 2009年公告第31号
情報処理設備のEMS試験の適用規格GB9254が、2008に変更されます。
内容概要 旧版GB規格GB9254-1998は、2009年9月1日からGB9254-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年9月1日から2010年9月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年11月30日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/181402.shtml
年版更新申請の
関連情報
版上げに関連する実施規則
  • CNCA-01C-020:2007:情報機器
  • CNCA-08C-031:2007:通信端末機器
  • CNCA-11C-048:2007:無線LAN製品
  • CNCA-01C-021:2001:金融及び商取引決済機器
規格情報

GB9254-2008 Information technology equipment-Radio disturbance characteristics-Limits and methods of measurement IDT:  CISPR 22:2006(完全整合)

規格の項目6.2条、9.6.2.c).1)条、10.6条は、2011年3月1日から実施開始とする。
但し、申請者からの要望があれば、当該項目の試験を実施しても良い。 
図C.6 "試験方法選定の流れ図"について、「電源コードポート」以後の内容は、9.3条規定されている方法で(表一或いは表二の数値を採用する)実施する。
実施開始時間は、別途通知する予定。
公告発表日の2009年6月5日から2009年8月31日まで、GB9254-1998または、GB9254-2008の何れで申請する事が可能です。
4. 2009年公告第28号
照明器具類製品のEMS適用規格GB17743が、2007年版に変更されます。
内容概要 旧版GB規格GB17743-1999は、2009年11月1日からGB17743-2007年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年11月1日から2011年1月31日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2011年1月31日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第28号の中国語原文
http://www.cqc.com.cn/Chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=10595
年版更新申請の
関連情報

公告発表日の2009年5月5日から2009年10月31日まで、GB17743-1999または、GB17743-2007の何れで申請する事が可能です
申請者の要望があれば、GB7000.1-2007と同時に、GB17743-2007の年版更新も可能です。
GB17743-2008:Limits and methods of measurement of radio disturbance characteristics of electrical lighting and similar equipment  IDT:  CISPR 15:2005(完全整合)

5. 2009年公告第27号
抵抗溶接機製品の適用規格GB15578-1995が、GB15578-2008に変更されます。
内容概要 旧版GB規格GB15578-1995は、2009年8月1日からGB15578-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年8月1日から2010年8月1日までに完了しなければなりません。期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年10月31日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第27号の中国語原文
http://www.cqc.com.cn/Chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=10595
年版更新申請の
関連情報

規格の版上げによる相違点の追加試験項目についての中国語原文

6. 2009年公告第19号
低電圧無効電力補償アセンブリ製品の適用規格GB/T15576が、2008年版に変更されました。
内容概要 旧版GB規格GB/T 15576-1995は、2009年4月1日からGB/T15576-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年4月1日から2010年4月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年7月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第19号の中国語原文
(http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/156052.shtml)
年版更新申請の
関連情報
規格の版上げによる相違点の追加試験項目についての中国語原文
7. 2009年公告第18号
低電圧開閉器及び制御器アセンブリ製品の適用規格GB7251.5が、2008年版に変更されました。
内容概要 旧版GB規格GB7251.5-1998は、2009年6月1日からGB7251.5-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年6月1日から2010年6月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年9月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第18号の中国語原文
(http://www.cqc.com.cn/Chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=10566)
年版更新申請の
関連情報
8. 2009年公告第17号
瞬間湯沸し器製品の適用規格GB4706.11が、2008年版に変更されます。
内容概要 旧版GB規格GB4706.11-2004は、2009年9月1日からGB4706.11-2008年版をCCC認証の適用規格として適用する。
CCCの対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年9月1日から2010年9月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年12月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
中国語原文 CNCA公告2009年第17号の中国語原文
(http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/156001.shtml)
年版更新申請の
関連情報
9. 2009年公告第25号、20号、14号
中国CCC認証取得する際、製品分野、製造工場及び製造事業者の所在地に基づいて、試験機関が固定指定とCNCAが発表されました。
2009年5月から、変更申請、年版更新等、従来の試験機関に関係なく、以下指定試験室にで試験を行なうことになりました。
指定試験室及び対象製品、対象地域の規定資料を以下CNCAのWeb情報をご参照下さい。
公告第14号 CCC強制認証の指定試験機関(中国語原文)
公告第20号 医療設備類製品分野の指定試験機関(中国語原文)
公告第25号 情報セキュリティー製品の認証機関及び試験機関一覧表(中国語原文)

上記年版更新手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2009.07.18

CQCマーク認証(中国の任意認証)の試験規格年版更新の知らせ(2009年6月)。
番号 製品名 従来の規格 更新後の規格 新規格
実施日
更新の
締め切り
IEC規格との採用状況
(1) 工業及び商業用圧力洗浄器スチーム式洗浄器 GB 4706.1-1998
IEC 60335-2-79:1995
GB 4706.1-1998
GB 4706.89-2008
2009年
7月1日
2010年
6月30日
GB4706.1-1998: IEC 335-1:1991 
(EQV ほぼ整合)
GB 4706.89-2008: IEC 60335-2-79:1995 
(IDT 完全整合)
(2) シェーバー、トリマー及び類似機器 GB 4706.1-1998
GB 4706.9-2003
GB 4706.1-2005
GB 4706.9-2008
2009年
7月1日
2010年
6月30日
GB4706.1-2005: IEC 60335-1:2004(Ed4.1) 
(IDT 完全整合)
GB 4706.9-2008: IEC 60335-2-8:2002
(IDT 完全整合)
(3) 生ゴミ処理機 GB 4706.1-1998
GB 4706.49-2000
GB 4706.1-2005
GB 4706.49-2008
2009年
9月1日
2010年
8月31日
GB 4706.1-2005: IEC 60335-1:2004(Ed4.1)
(IDT 完全整合)
GB 4706.49-2008: IEC 60335-2-16:2005(Ed5.0)
(IDT 完全整合)
(4) 殺虫器 GB 4706.1-2005
GB 4706.76-2004
GB 4706.1-2005
GB 4706.76-2008
2009年
9月1日
2010年
8月31日
GB4706.1-2005: IEC 60335-1:2004(Ed4.1)
(IDT 完全整合)
GB4706.76-2008: IEC 60335-2-59:2006(Ed3.1) 
(IDT 完全整合)
(5) 家庭及び類似用途の自動制御装置 GB14536.3-1996
GB14536.9-1996
GB14536.10-1996
GB14536.3-2008
GB14536.9-2008
GB14536.10-2008
2009年
6月1日
2010年
6月1日
GB14536.3-2008:IEC 60730-2-2:2005(Ed2.1) 
(IDT 完全整合)
GB14536.9-2008:IEC 60730-2-8:2003 
(IDT 完全整合)
GB14536.10-2008: IEC 60730-2-9:2004(Ed2.2) 
(IDT 完全整合)
詳細については、CQCのHPに記載されている中国語原文を確認下さいますようお願い致します。

2009.05.14

中国CNCAより、「情報セキュリティ製品に関する実施規則及び実施時期」が公表されました。

中国CNCA(中国国家認証認可監督管理委員会)は、4月27日に、情報セキュリティ製品に関する実施規則及び実施時期を実施公告(2009年第33号)として公表しました。情報セキュリティ製品の認証は、CCC強制認証の対象品目として2010年5月1日から実施されます。当該認証は、中国政府の購買法に規定されている範囲内のものに対して実施され、対象となる品目は中国政府の購買リストに規定されている製品となります。
一般的に、市場に流通する製品は、政府の購買リストに入っていなければ、認証の取得は不要との解釈です。

実施公告「2009年第33号」(原文は中国語)については、こちらからご覧いただけます。

この実施公告では、次の13件の新しい実施規則(原文は中国語)を規定しています。
  • CNCA-11C-081:2009 Operating system
  • CNCA-11C-077:2009 Separation components of terminal equipment
  • CNCA-11C-078:2009 Router security
  • CNCA-11C-086:2009 Information system security audit products
  • CNCA-11C-082:2009 Database management system
  • CNCA-11C-083:2009 Anti-Spam product
  • CNCA-11C-075:2009 Firewall products
  • CNCA-11C-084:2009 Intrusion detection system
  • CNCA-11C-080:2009 Data backup and recovery products
  • CNCA-11C-076:2009 Separation components of network equipment
  • CNCA-11C-085:2009 Network vulnerability scanners
  • CNCA-11C-087:2009 Website recovery products
  • CNCA-11C-079:2009 Identification cards―Integrated circuit(s) cards with contacts

なお、2007年〜2008年の中国政府の購買リスト(原文は中国語)については、こちらからご覧いただけます。

今年の政府購買リスト及び限度額については、地方政府の個別リストとなりますが、参考に「中国上海政府2009年の購買リスト」をご紹介いたします。「中国上海政府2009年の購買リスト(原文は中国語)」はこちらからご覧いただけます。

また、中国政府購買法(原文は中国語)については、こちらからご覧いただけます。

なお、実施規則で参照している適用規格(原文は中国語)は以下のとおりです。

GB/T 20281-2006:Information security technology―Technique requirements and testing and evaluation approaches for firewall products
GB/T 20279-2006:Information security technology―Security techniques requirements of separation components of network and terminal equipment
GB/T 18018-2007:Information security technology―Technical requirements for router security
GB/T 16649.10-2002:Identification cards―Integrated circuit(s) cards with contacts―Part 10:Electronic signals and answer to reset for synchronous cards (IDT: ISO/IEC 7816-10:1999)→適用規格:GB/T 20276-2006:Information security technology―Security requirements for smartcard embedded software(EAL4+)
CNCA/CTS 0051-2007:Technical specifications for Data backup and recovery products certification
GB/T 20272-2006:Information security technology―Security techniques requirement for operating system
GB/T 20273-2006:Information security technology―Security techniques requirement for database management system
CNCA/CTS003-2008:Information Security technology. Technical specifications for Anti-Spam product Certification
GB/T 20275-2006:Information security technology―Techniques requirements and testing and evaluation approaches for intrusion detection system
GB/T 20278-2006:Information security technology―Technique requirement for network vulnerability scanners
GB/T 20945-2007:Information security technology―Technical requirements, testing and evaluation approaches for information system security audit products
CNCA/CTS0050-2007:Technical specifications for website recovery products certification

2009.02.19

中国CCC認証試験規格の年版更新情報(2009年1月)について。

中国認証認可監督管理委員会CNCA及び認証機関中国認証質量中心CQCより、以下の製品試験規格年版を更新したとの知らせを頂きました。関連する企業におかれましては、早急の対応をお願い致します。

1. 中国CCC認証対象品目の照明器具の適用規格GB7000.1-2002は、GB7000.1-2007に変更されました。
概要 旧版規格GB7000.1-2002を廃止し、2009年1月1日からGB規格GB7000.1-2007をCCC認証の適用規格として適用する。
CCC認証の対象製品の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年1月1日から2010年1月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年4月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
当該年版更新の対象製品は、CCC認証の固定式照明器具、移動式照明器具及び埋め込み式照明器具です。
中国語原文 詳細については、以下の中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
年版更新申請の
関連情報
  • GB7000.1-2007:Luminaires - Part 1: General requirements and tests IDT: IEC 60598-1:2003
  • 新規格への変更には、以下の追加試験が必要となります。
    • 感電に対する保護の分類:2.2
    • 表示:3.1、3.2.12、3.2.18、3.3.4、
    • 構造:4.4.9、4.7.3.1、
    • 外部及び内部配線:5.2.17、5.2.18、
    • アースの規定:7.2.1、7.2.10、
    • 感電防止:8.2.1、
    • 絶縁抵抗及び耐電圧:10.2、
    • 沿面距離と空間距離:11.2、
    • 耐久性試験:12.3、
    • 温度試験:12.4.1、3.3.4、12.4、12.5、
    • ねじ無し端子:15.3.2、
  • ODM申請者の場合、「ODM契約書」の提出も必要になりました。
2. 中国CCC認証対象品目の低電圧スイッチギア及びコントロールギア製品の適用規格GB14048.6-1998は、GB14048.6-2008に変更されました。
概要 旧版規格GB14048.6-1998を廃止し、2009年1月1日からGB規格GB14048.6-2008をCCC認証の適用規格として適用する。
CCC認証の対象品目の年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年1月1日から2010年1月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年4月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。
年版更新する際に、認証取得製品は、CCC認証実施規則CNCA-01C-011:2007の区分要求にも適合しなければなりません。従来の複数の申請区分は、追加試験によって、1つの申請区分に統括することが可能になりました。
中国語原文 詳細については、以下の中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
年版更新申請の
関連情報
  • GB14048.6-2008:Low-voltage switchgear and controlgear - Part 4-2: Contactors and motor-starters AC semiconductor motor controllers and starters(including soft-starter) IDT:  IEC 60947-4-2:2002
  • 新版規格への変更には、追加試験が必要です。
  • 更新申請を提出する際に、従来提出した書類の他、新たにODM契約書の提出が要求されます。
3. 安全防犯製品の実施規則が更新されました。
概要 安全防犯製品の以下の四つの実施規則が更新されました。対象製品のCCC認証は、2009年3月1日から新版の実施規則に従い、認証が行なわれます。
旧版実施規則で認定された製品に対し、認証書の書換えは、2009年12月31日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書は認証機関によって、一時休止とされ、2010年4月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書は認証機関によって、取消となります。
更新した
実施規則
  • 「侵入センサー類」
    旧実施規則CNCA-100C-047:2004⇔新実施規則:CNCA−10C-047:2009:
  • 「盗難防止警報制御装置」
    旧実施規則CNCA-100C-052:2004⇔新実施規則:CNCA−10C-052:2009
  • 「自動車盗難防止警報システム」
    旧実施規則CNCA-100C-053:2006⇔新実施規則:CNCA−10C-053:2009:
  • 「金庫」
    旧実施規則CNCA-100C-054:2004⇔新実施規則:CNCA−10C-054:2009:
中国語原文 新しい実施規則の詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
CNCA公告2009年第4号の中国語原文
4. 中国CCC認証対象品目のプラグ、ソケットの適用規格:GB2099.1、GB1002、GB1003は、2008年版に変更されます。
内容概要 家庭及び類似用途のプラグとソケットの適用規格は、2009年8月1日からGB2099.1、GB1002、GB1003の三つの適用規格の年版は、2008年版に変更されます。
旧版規格で認定された製品に対し、認証書の書換えは、2010年8月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書は認証機関によって、一時休止とされ、2010年11月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書は認証機関によって、取消となります。
年版更新申請の
関連情報
  • GB2099.1-2008:Plugs and socket-outlets for household and similar purposes - Part 1: General requirements MOD:IEC 60884-1:2006,E3.1
  • GB1002-2008:Single phase plugs and socket-outlets for household and similar purposes - Types, basic parameters and dimensions 対応するIEC規格なし
  • GB1003-2008:Three phases plugs and socket-outlets for household and similar purposes - Types,basic parameters and dimensions 対応するIEC規格なし
  • 新版規格への変更は、追加試験が必要です。
  • 従来のCCEE認証からCCC認証へ書換えした製品に対し、CCC認証用型式試験レポートが無い場合、全項目試験が要求されます。
中国語原文 詳細については、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。
CNCA公告2009年第3号の中国語原文

上記年版更新手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2009.02.09

CCC認証の申請におけるODM・OEMの扱いについて。

中国CQCによる2008年12月25日付け説明文書の参考和訳及び原文をご案内します。

ODM或いはOEM申請の説明
1) ODM様式:製造工場が製品を設計し、一つ或いは複数の製造事業者の銘板を張って、製造する。
2) OEM様式:製造事業者が製品を設計し、一つ或いは複数の製造工場に生産を委託する。
3) ODM/OEM協議書内容の説明
  • ある型番の製品の全項目試験を行う新規申請で、もし製造事業者と製造工場が異なる場合には、両者間の業務協議書を提出しなければならない。協議書は、製造事業者と製造工場による、設計者の所属を明確にする声明を含むこと。製品の設計者が、製造事業者に所属する場合、以後の申請に、複数の派生工場の申請を認めます(委託を受けて、製造する工場は、OEM工場と言う)。もし、製品の設計者が、製造工場に所属する場合、以後の申請に、複数の製造事業者の申請を認めます(製造事業者の銘板を貼る。その製造工場は、ODM工場と言う)。
  • ODM/OEM協議書は以下の内容を含むこと
    • 製造事業者と製造工場間の安全製造、販売品質の責任に関する署名文書
    • 製造工場は、ODM製品の各要件が、認証取得製品の要件と完全に一致することを声明しなければならない。
    • ODM認証製品と従来認証取得製品の相違点リスト(ODM協議書に適用する)
    • 契約期限
  • 製造事業者が製造工場の親会社であって、尚且つ、全ての製品が、ODM/OEM様式の何れかに当て嵌まる場合、双方は(全ての商品に)共通のODM/OEM協議書を提出し、申請毎に当該協議書を提出する。
4. 協議書のその他の要求事項は、関連規程に従う。


二〇〇八年十二月二十五日

※当該説明文書の中文原文は、こちらをご参照ください。

2009.02.09

中国CQCから一部のAV機器及びIT機器について、標準サンプルの保管に関する通知を頂きました。
内容概要
  • 2009年3月1日から、CCC強制認証の試験用サンプルは、試験機関にて標準サンプル(重要部品材料を含む)として封印し、2年間、保管する。2年後、封印した標準サンプルをメーカーに返却し、メーカーにて保管及び管理を行なう。
  • メーカーの過失により標準サンプルの封印を破損した場合、標準サンプルを試験機関に再提出し、確認試験を行い、試験機関にて、再度の封印を行なう。
  • 封印の破損による全ての費用は、メーカーが負担する。CQCは、不定期的に、標準サンプルの検査を行う予定。
  • メーカーが「企業サンプル保管登記簿」を記入しない場合、CQCによって認証書を一時休止(さらには取下げ)される。
サンプル保管の
指定製品
  • AV機器(08類)
    セットトップボックス(0808,0805)、DVDプレーヤー(0805類)
  • IT機器(09類)
    スイッチング電源、電源アダプター/充電器(0907)
※当該の通知の原文は、こちらをご参照ください。

2009.01.06

CCC認証の免除申請についての最新公告

中国国家認証認可監督管理委員会(CNCA)から、CCC強制認証の免除申請についての最新の公告(2008年第38号公告)が発布されましたので、ご参考に、リンクをお知らせします。

リンク先:http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/66801.shtml(※中国語原文のみです。)

この公告の発布に伴い、これまでの「2005年第20号公告」は廃止されますので、これから免除申請をお考えの皆様は、ご注意下さい。

2008.10.20

中国CQCより「家電製品試験規格の年版更新の通知について」が公告されました。

中国質量認証中心 (CQC)のホームページに、2008年10月10日付で「家電製品試験規格の年版更新の通知について」の情報が公告されました。この公告の内容を参考和訳いたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

公告本文参考和訳

「家電製品試験規格の年版更新の通知について」

公表日:2008-10-10

各関連企業各位

中国認証認可監督管理委員会CNCAが2008年公表した公告第24号の規定に従い、2009年1月1日より、次の4つの「家電製品の適用試験規格」が適用されます。
GB4706.2-2007「電気アイロンの個別要求事項」 idt:IEC 60335-2-3:2005(Ed. 5.1)
GB4706.15-2008「スキンケア又はヘアケア製品の個別要求事項」 idt:IEC 60335-2-23:2003(Ed. 5)
GB4706.23-2007「ルームヒータの個別要求事項」 idt:IEC 60335-2-30:2004(Ed. 4.1)
GB4706.27-2007「ファンの個別要求事項」 idt:IEC 60335-2-80:2004(Ed. 2.1)

1.2009年1月1日以降は、新しい年版の規格の要求に従い、認証が行なわれます。 この通知公表日から2008年12月31日まで、両方の年版の規格(旧版及び新版の両方)が適用されます。(但し、旧版規格で申請する場合、余裕を持って申請を行い、12月31日までに認証書を取得しなければなりません)

2.旧年版で取得されたCCC認証書は、次回の定期工場調査を実施する前までに、CQCにて年版更新手続きを行なう必要があります。更新について、新版規格の要求に従い、試験サンプルを再提出し、全項目試験を受けなければなりません。試験に合格した後に、新版規格の認証書と書き換えます。年版更新手続き及び認証書の書換えは、2009年1月1日から2010年1月1日までに完了しなければなりません。期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年4月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。

発表部門:中国質量認証中心(CQC)
発表日:2008年10月10日

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。
http://www.cqc.com.cn/chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=9686

上記家電機器の年版更新手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.10.20

中国CQCより「温度ヒューズ製品の試験規格の年版更新の通知について」が公告されました。

中国質量認証中心 (CQC)のホームページに、2008年10月8日付で「温度ヒューズ製品の試験規格の年版更新の通知について」の情報が公告されました。この公告の内容を参考和訳いたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

公告本文参考和訳

「温度ヒューズ製品の試験規格の年版更新の通知について」

公表日:2008-10-8

各関連企業各位

中国認証認可監督管理委員会CNCAが2008年9月17日に公表した公告第28号の規定に従い、温度ヒューズ製品の適用試験規格は、GB9816-2008年版が2009年2月1日より適用されます。2008年9月17日以降に申請する温度ヒューズ製品につきましては、新しい年版の規格の要求に従い、認証が行なわれます。旧年版で取得されたCCC認証書は、次回の定期工場調査を実施する前までに、CQCにて年版更新手続きを行なう必要があります。更新について、新版規格の要求に従い、試験サンプルを再提出し、全項目試験を受けなければなりません。試験に合格した後に、新版規格の認証書と書き換えます。年版更新手続きおよび認証書の書換えは、2010年2月1日までに完了しなければなりません。期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2010年5月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。

発表部門:中国質量認証中心(CQC)
発表日:2008年10月8日

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。
http://www.cqc.com.cn/chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=9677

温度ヒューズの年版更新について、JETが最新版のCB認証書及び試験レポートの発行が出来ます。更新手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.08.30

中国CNCAより2008年公告第24号「部分家電製品の規格更新に関する公告」が公告されました。

中華人民共和国国家認証認可監督管理委員会(CNCA)のホームページに、2008年8月19日付けで一部の家電製品の規格更新に関する公告の情報が公告されました。この公告の参考和訳をいたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

公告本文参考和訳

CNCA2008年第24号公告「一部の家電製品の規格版上げに関する公告」

家庭及び類似用途の電気製品強制認証に適用される以下の4つの規格は、2009年1月1日から実施いたします。

GB4706.2-2007《家庭及び類似用途電気製品の安全要求 第2部:電気アイロンの個別要求事項》(IDT: IEC 60335-2-3:2005(Ed5.1) Household and similar electrical appliances-Safety-Part 2:Particular requirements for electric irons)

GB4706.15-2008《家庭及び類似用途電気製品の安全要求 スキンケア及びヘアケア用機器の個別要求事項》(IDT: IEC 60335-2-23:2003 Household and similar electrical appliances-Safety-Particular requirements for appliances for skin or hair care)

GB4706.23-2007《家庭及び類似用途電気製品の安全要求 第2部:ルームヒーターの個別要求事項》 (IDT: IEC 60335-2-30:2004(Ed4.1) Household and similar electrical appliances-Safety-Part 2:Particular requirements for room heaters)

GB4706.27-2008《家庭及び類似用途電気製品の安全要求 第2部:ファンの個別要求事項》(IDT: IEC 60335-2-80:2004(Ed2.1) Household and similar electrical appliances-Safety-Part 2:Particular requirements for fans)

上記規格とともに、
GB4706.1-2005《家庭及び類似用途電気製品の安全要求 第1部:共通要求事項》(IDT: IEC 60335-1:2004(Ed4.1) Household and similar electrical appliances-Safety-Part 1:General requirements)も同時に実施致します。
(上記規格は、以後、新版規格と言う。)

新版規格の実施について、下記と通り規定する。
各関連機関及び企業は、当公告の規定通りに認証を実施するようお願い致します。

  • 本公告発表日から2008年12月31日までは、申請者は、GB4706.1-2005、GB4706.2-2007、 GB4706.15-2008、GB4706.23-2007、GB4706.27-2008及び、GB4706.1-1998、 GB4706.2-2003、GB4706.15-2003、GB4706.23-2003、GB4706.27-2003(以下旧版規格と言う。)のいずれかを選択し申請するが出来ます。
  • 今回の規格更新による規格の年版の相違点が多いため、旧版規格で認定された製品に対し認証書の保持者は、新版規格の実施日から次回の定期工場調査を実施する前までに、認証機関に、新版規格への規格更新の変更申請及び認証書の書換え申請を提出し、新版規格にて全項目の試験を受けなければならない。試験合格後に、新版規格での認証書が発行される。
    試験室は、認証書の保持者に全項目試験の型式試験レポートを発行する。
    旧版規格の認証書書換え業務は、2010年1月1日まで完了する。
    期限を過ぎても、認証書の書換えを完了しない場合には、認証機関は認証書を一時休止として処置しなければならない。
    2010年1月1日前までに、認証書の書換えを完了しない場合、認証機関は、旧規格の認証書を取消しなければならない。
  • 2009年1月1日まで、既に工場から出荷し、市場に流通されている旧版規格の認証製品に対しては今後製造する予定がなければ、認証書の書換えは不要とする。

2008年8月19日

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/43058.shtml

年版更新の手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.08.23

中国CQCより「家庭及び類似用途の電気製品用電気機械式エレメンタリーリレー認証に関する通知について」が公告されました。

中国質量認証中心(CQC)のホームページに、2008年8月18日付で「家庭及び類似用途の電気製品用電気機械式エレメンタリーリレー認証に関する通知について」の情報が公告されました。
この公告の内容を参考和訳いたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願い致します。

公告本文参考和訳

『家庭及び類似用途の電気製品用電気機械式エレメンタリーリレー認証に関する通知について』

公表日:2008-8-18

各関連企業各位

中国認証認可監督管理員会(CNCA)が公表した「電気電子製品類強制認証実施規則―家庭及び類似用途の電気製品」CNCA-01C-016:2007の規定に従い、家庭及び類似用途の電気製品の認証を行なう際に、電気機械式エレメンタリーリレーは、製品の重要部品として技術基準GB/T 21711.1-2008(IDT IEC 61810)に適合しなければならない。

現在、中国質量認証中心(CQC)は、以下の規格及びカテゴリで、家庭及び類似用途電気製品用電気機械式エレメンタリーリレーのCQCマーク認証(任意認証)を行なっています。

試験規格 GB/T 21711.1-2008:Electromechanical elementary relays-Part 1:General and safety requirements(IDT IEC 61810-1:2003)
製品のカテゴリ番号 002021

2008年11月1日から、家庭及び類似用途電気製品の認証を行なう際に、その他の試験規格(GB/T 21711.1-2008以外の規格)で認定された『電気機械式エレメンタリーリレー』の認証書は受入れしません。GB/T 21711.1-2008(IDT IEC 61810-2003)規格の認定品を使用するか、製品と一緒に指定規格(製品規格)での追加試験を行うことになります。

発表部門:中国質量認証中心(CQC)
発表日:2008年8月12日

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。
http://www.cqc.com.cn/Chinese/news/news_Show.asp?BoardID=20&id=9604

CQCマーク認証(任意認証)の申請手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.08.23

中国CQCより「CCC認証対象品目の定格電圧が450/750V以下のゴム絶縁ケーブルの試験規格の年版更新の通知について」が公告されました。

中国質量認証中心(CQC)のホームページに、2008年8月12日付で「CCC認証対象品目の定格電圧が450/750V以下のゴム絶縁ケーブルの試験規格の年版更新の通知について」の情報が公告されました。この公告の内容を参考和訳いたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

公告本文参考和訳

「CCC認証対象品目の定格電圧が450/750V以下のゴム絶縁ケーブルの試験規格の年版更新の通知について」

公表日:2008-8-12

各関連企業各位

中国認証認可監督管理委員会CNCAが2008年7月18日に公表した公告第21号の規定に従い、定格電圧が450/750V以下のゴム絶縁ケーブルの最新版試験規格となるGB/T 5013-2008年版は、2008年9月1日より施行されます。(GB/T 5013.1からGB/T 5013.7の七つの規格を含む『定格電圧が450/750V以下のゴム絶縁ケーブル』)
2008年公告第21号『GB/T 5013-2008の規格に関する要求の公告』は、以下より詳細を確認することができます。
http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/40685.shtml

企業各位が、2008年9月1日以降に申請する上記規格のゴム絶縁ケーブルにつきましては、新しい年版の規格の要求に従い、認証が行なわれます。2008年9月1日までの申請については、両方の年版(旧版及び新版の両方)が適用されます。

但し、旧年版で取得されたCCC認証書は、次回の定期工場調査を実施する前までに、CQCにて年版更新手続きを行なう必要があります。
年版更新手続きおよび認証書の書換え(年版更新手続きにより認証書が変更になる場合があります。)は、2009年9月1日までに完了しなければなりません。
期限を過ぎても、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、一時休止とされ、2009年12月1日までに、年版更新手続き(認証書の書換えを含む)が完了していない場合には、認証書はCQCによって、取消となります。

発表部門:中国質量認証中心(CQC)
発表日:2008年8月12日

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

2008年公告第21号『GB/T 5013-2008の規格に関する要求の公告』の参考和訳

年版更新の手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.08.23

中国CNCAより2008年公告第19号「強制製品認証証明書の辞退、一時休止、取消実施規則」が公告されました。

中華人民共和国国家認証認可監督管理委員会(CNCA)のホームページに、2008年6月24日付けで「強制製品認証証明書の辞退、一時休止、取消実施規則」の情報が公告されました。この公告の参考和訳をいたしましたのでご案内いたします。
この公告は、中国強制製品認証証書の辞退、一時休止、取消の管理条件及び関連事項を明確化し、中国国内認証機関の認証活動を統一化することを目的とする内容です。《中華人民共和国認証認可条例》および《強制性製品認証管理規定》の関連する要求事項に基づいて、国家認証認可監督管理委員会(CNCA)が制定した実施規則です。

参考和訳はこちら

なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

JET東京事業所国際業務担当グループでは、「認証証書の辞退」、「一時休止」及び「一時休止解除」についての申請代行を行っております。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2008.05.02

中国CQCより「家庭用電器製品の強制認証実施に関する標準サンプルの管理通知」が公告されました。

中国質量認証中心 (CQC)のホームページに、2008年4月17日付で「家庭用電器製品の強制認証実施に関する標準サンプルの管理通知」の情報が公告されました。この公告の内容を参考和訳いたしましたのでご案内いたします。なお、和訳内容について疑義が生じた場合には、中国語原文をご確認下さいますようお願いいたします。

公告本文参考和訳

「家庭用電器製品の強制認証実施に関する標準サンプルの管理通知」

各家庭用電気製品及び付属品の製造企業各位

家庭用電気製品の強制認証の試験結果の有効性、一致性及びトレーサビリティーを確保するため、CQCは2008年4月20日から、部分家庭用電気製品の強制認証用標準サンプルに対し、標準サンプルの管理を実施する。標準サンプル管理に関連する強制認証の家庭用電器製品は以下のものが含まれる:

扇風機(0702)、家庭用電動洗濯機/脱水機類(二層式洗濯機に限る)(0705)、貯水方電器温水器類(0706)、瞬間湯沸し器類(0706)、室内加熱器類(0707)、掃除機類(0708)、毛髪ケア製品類(0709)、電器アイロン(0710)、電磁コンロ類(0711)、オーブン類(0712)、家庭用厨房機械類(0713)、電子レンジ類(0714)、電器コンロ、固定式電器コンロ、電器オーブン類及び類似器具類(0715)、レンジフード類(0716)、液体加熱器類(0717)、炊飯器類(0718)、飲用水給水/給湯器(0717)。

電器付属品類(002類)及び非金属材料(134類)の認証に対し、標準サンプルの管理も実施する。その要求事項は家庭用電器強制認証の標準サンプル管理要求事項と同じ。

発表日:2008年4月17日
発表部門:中国質量認証中心(CQC)

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.12.11

CNCAのホームページにCNCA2007年公告第29号《電動工具規格更新についての実施要求事項》が掲載されました。

CNCAのホームページに掲載されたCNCA2007年公告第29号《電動工具規格更新についての実施要求事項》についての参考和訳を以下にご案内いたします。

強制認証品目の手持ち式電動工具に適用される更新規格は、(合計7種類:GB 3883.3-2007、GB 3883.5-2007、GB 3883.6-2007、GB 3883.10-2007、GB 3883.12-2007、GB 3883.14-2007、GB 3883.15-2007)2007年9月1日から正式に実施する。
強制認証を有効的に実施するために、《規格変更の際の強制認証に関する問題点の通知》の規定に従い、電動工具類製品の新たに規定された規格(以下“新版規格”と言う。)の要求事項を以下の通り公告する。

  • 2007年9月1日から、各指定認証機関及び試験室は、認証及び試験業務を行う際には、新版規格に従うこと。各企業は、新版規格の要求に従い、製造、販売、輸入を行うこと。
  • 新版規格と旧版に差違が有るため、旧版規格の認証取得者は、型式試験が合格し、その試験レポートを有する認証製品に対し、新版規格の実施開始日(2007年9月1日)から、次回の定期工場調査が実施される前までに、認証機関に、新版規格の申請を行い、その認証書に書換えを行うこと。
    申請には、相違点を確認するための試験サンプルを提出し、確認試験が完了し、その結果が合格となった後、認証機関は、新版規格の認証書を発行する。
    認証書の書換え期限は、2008年8月31日とする。また、書換え期限まで新版規格による認証書を取得しない場合には、認証機関は旧版による認証書を無効とする。
  • CCEE(電工製品安全認証証書)、CCIB(輸入商品安全質量許可証)からCCC認証へ書換えした認証製品で、かつ、CCC認証に要求されている型式試験レポートを有していない電動工具類製品については、製品の品質を確保し、認証資料の確認、認証結果に対する事実確認を有効とするために、今回の規格年版を更新する機会に、新版規格の要求に従い、追加試験を行い、新版規格による試験レポート及び製品概要等の資料を備えなければならない。

以上が、公告第29号の参考和訳です。内容についての疑義にあっては、中国認証当局(CNCA)のWebの中文原文をご参照下さい。
CNCAのWebはこちら(http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/25357.shtml)

新版規格への手続きについては、JET東京事業所国際業務担当グループまでご連絡を願います。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.12.11

中国強制認証の試験規格年版更新の締め切り日が近づいています。

2007年6月5日付けでお知らせいたしました規格更新情報(2007.06.05 中国CCC強制認証試験規格が更新されました。)による更新の締切日が近づいております。こちらの一覧表(pdfファイル)の、特に黄色の網掛け部分に該当する製品については、締切日が2007年12月30日となっておりますので、該当する認証を保有されているお客様はご注意ください。
CCC認証書の継続をご希望されるお客さまは、JET東京事業所国際業務担当グループで手続きの申請代行を行いますのでご連絡下さい。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.12.07

CQCより、一部製品についてのCCC認証書の取消し通知が公表されました。

中国強制認証の実施機関であるCQCは、CNCAの2007年8月10日の公告21号《部分電子電気製品の新しい実施規則に関する公告》の追加情報として、2007年11月14日に、一部製品のCCC認証書の取消しについての通知を公表しました。公告21号では、12の製品分野の実施規則の修正について公表されており、認証の一時停止、取消し、取下げについての要求が追加されました。

CQCから公表された通知の概要は以下のとおりです。

認証取得製品が、当該工場で製造されない等の理由によってCQCから認証の一時停止を受けた場合、その認証の一時停止期間は、最大12ヶ月となりました。そのため、この一時停止の期限である12ヶ月を超えて回復の措置がされない場合は、認証機関により、認証の取り消し処置が行われることになります。

監督検査(定期工場調査)の結果が不合格の場合は、その不適合内容の重要度に応じて、認証機関により認証の一時停止、取消しの判断が行われていますが、一時停止となった場合は、一時停止日から1ヶ月以降3ヶ月以内に回復申請を行い、再度工場調査を受ける必要があります。この期限を過ぎると、認証機関により一時停止状態の認証が取消されることになりました。

既に上記の一時停止期間を経過した認証についても、2007年12月31日までは回復申請ができます。JETは、回復のための申請手続きの代行を行っておりますので、下記のお問い合せ先までご連絡ください。

CQCからの通知の原文については、CQCのホームページをご参照ください。
(http://www.cqc.com.cn/chinese/\news/news_Show.asp?BoardID=20&id=8628)

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.11.01

中国CCC強制認証申請代行業務受付時に「組織機構代号証」が必要になりました。

CQCから2007年10月10日付けで通知公告(認証機関からの要求)がありましたので報告させていただきます。(添付:通知公告.pdf参照)
この通知公告の1.に「組織機構代号証」の写し(コピー)の提出が義務付けされました。
中国CCC強制認証取得を目的とした申請時に、生産工場が中国国内にある申請者様は「組織機構代号証」の写しをご用意ください。
なお、現在申請中及び試験中の申請者様も対象となりますので、当所を介して申請を行っている申請者様で「組織機構代号証」の写しを未提出の方は、ご提出ください。
「組織機構代号証」とは、中国国内で登録した企業が「工商局」で取得した「営業許可書」をもとに「各地の技術監督局」にて取得する証書(書類)です。(添付:見本_組織機構代号証.pdf参照)
ご不明の点は、東京事業所国際業務担当グループまでご連絡ください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.08.27

2007年8月15日付けで中国CCC強制認証施行規則が改訂されました。

中国CCC強制認証「電気・電子製品の強制認証施行規則」の2007版が、中国国家認証認可監督管理委員会の公告第21号(2007年8月6日)により公表され、同年8月15日から施行されました。
改訂された施行規則は以下のとおりです。

なお、この改訂により、旧版(2001年版)の同施行規則及びその補足版は、廃止となりました。
  • CNCA-01C-002:2007 「電線及びケーブル類:電線及びケーブル」
  • CNCA-01C-010:2007 「低電圧電気装置:低電圧開閉器アセンブリ」
  • CNCA-01C-011:2007 「低電圧電気装置:スイッチ及び制御機器」
  • CNCA-01C-022:2007 「低電圧電気装置:設備保護装置」
  • CNCA-01C-013:2007 「小電力モーター」
  • CNCA-01C-014:2007 「電動工具」
  • CNCA-01C-015:2007 「電気溶接機」
  • CNCA-01C-016:2007 「家庭用及び類似用途の機器」
  • CNCA-01C-017:2007 「音響及び映像製品」
  • CNCA-01C-020:2007 「情報機器」
  • CNCA-01C-022:2007 「照明器具」
  • CNCA-01C-031:2007 「電器通信端末機器」

上記規則の中文版については、CNCAのWebからダウンロードすることが可能です。
(http://www.cnca.gov.cn/cnca/zwxx/ggxx/19260.shtml)

変更及び追加された内容の概要
  • 対象範囲及び試験規格の見直し
  • 申請単位、区分、試験サンプルの詳細要求事項の補充及び追加
  • 申請時に提出する資料の追加
  • 型式試験レポート及び製品概要レポートの要求事項の追加
  • 重要部品、原材料の要求事項及びその試験規格の補充及び追加
  • 認証書の一時停止、取り下げ、強制取消の要求事項の追加
  • 工場品質管理試験の要求事項の補充及び追加
  • 製品の一致性の確認の詳細内容の追加

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2007.06.05

中国CCC強制認証試験規格が更新されました。

中国CCC強制認証試験規格が更新されました。それらの更新内容を示す“製品の技術基準の更新公告(CQC/PDC071-2005)”の中から、認証書変更手続き期間(認証書更新開始日)のものに限って、
更新広告の参考和訳を掲載いたしましたのでご利用ください。オリジナルはCQCホームページで閲覧できますので、詳細等はホームページをご確認ください。
対象となる規格の認証を保有するお客様は、規格更新による変更申請が必要となります。当所にて代行申請を希望される場合は、東京事業所国際業務担当グループまでご連絡ください。
変更申請に必要な書類等は、CCC申請フォーム一式(JET-HP)、認証書(中文、英文)、試験レポート(オリジナル)、定期工場調査レポートのコピーとなります。また、試験規格によっては、技術資料、サンプルの提出が必要となる場合がございます。

ご不明の際は、東京事業所国際業務担当グループまでお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2005.12.30

2007年6月1日から中国CCC強制認証品目に玩具製品が追加されます。
中国国家必要監督検験検疫総局、国家認証認可監督管理委員会2005年第198号公告

(01-09 13:56)

2007年6月1日から以下の玩具製品は中国強制認証品目に追加します。認証を取得されていない製品の出荷、販売、輸入及びその他の営業活動をしてはならないです。認証申請は2006年3月1日から開始致します。詳細内容は中国政府機関のホームページご参照ください。
http://www.cnca.gov.cn/20040420/article/06-01/9608.htm

2005年12月30日

付属表:児童用車、電気玩具、弾丸式玩具、金属玩具、ドール、プラスチック玩具及び通関用HSコード

製品分類 製品名 通関用HSコード番号
児童用車 児童用自転車 8712 00 81
最大座席の高さは435mm-635mm、補助輪付き/なしの各種児童用自転車
児童用三輪車 9501 00 00
各種の児童用三輪車(押しタイプ、座るタイプ兼用の三輪車、車輪と地面を接触し、台形状のもの、小さい車輪は大きい車輪より半分ぐらいとなる三輪車を含む)
児童押し車 8715 00 00
各種の調節式、調節可能タイプの児童押し車。
乳幼児歩行器 8715 00 00
各種構造の乳幼児歩行器(例:X型、O型、折り畳み式、調節可能な弾力性フレームライプの歩行車)。
玩具自転車 9501 00 00
座席の高さは435mm以下の各種玩具自転車。
電動児童車 9503 80 00
各種の電動児童用車、(例:二輪式、三輪式、四輪式等)
その他の玩具車輌 9501 00 00
各種ペンタル式車
電気玩具 電動玩具 9503 80 00
その他の各種の電気駆動式玩具(手動スイッチ式、リモコン式等)
9503 10 00
各種玩具電車及び付属品
9503 49 00
各種電動動物玩具(例:電動玩具犬、リモコン式電動恐竜等)
ディスプレイ付き玩具 9503 90 00
各種ディスプレイ付き玩具(例:学習機用玩具等)。
音声及び光式玩具 9503 50 00
各種電気駆動式発声、発光タイプの玩具。例:玩具楽器
9503 90 00
各種電気駆動式玩具音響設備。
プラスチック式
玩具
静態的なプラスチック
玩具
9502 91 00
各種静態的なプラスチック玩具服装装飾品。
(例:人形用靴、帽子等)
9502 99 00
上記以外の静態的なプラスチック玩具部品。
(例:玩具看板、手持ちタイプ装飾品及び部品類)
9503 30 00
静態的なプラスチック建築玩具および建築セット。(例:プラスチック製の建築パズル玩具、ブローク、積み木等)
9503 49 00
各種静態的なプラスチック動物玩具
9503 50 00
静態的なプラスチック楽器玩
9503 60 00
静態的なプラスチック知恵玩具。(例:ルービックキュウブ、棋類等)
9503 70 00
静態的なプラスチック服玩具
機動プラスチック玩具 9503 80 00
各種非モータ駆動プラスチック玩具。(例:慣性力利用の玩具、ねじ式玩具等)
9503 49 00
各種非モータ駆動プラスチック玩具。(例:ねじ駆動式玩具いぬ等)
金属玩具 静態的な金属玩具 9503 30 00
各種静態的な金属建築玩具及び建築セット。(例:金属橋パズル、金属玩具タワー等)
9503 49 00
各種静態的な金属動物玩具
9503 60 00
各種静態的な金属知恵玩具。(例:金属知恵の輪)
9503 70 00
各種静態的なその他の金属セット玩具、組立て式玩具9503 90 00
その他の各種静態的な金属玩具。(例:金属車、オートバイ、模型玩具等)
機動式金属玩具 9503 80 00
各種非モータ駆動金属玩具。(例:慣性力利用の玩具、ねじ式玩具等)
9503 49 00
各種非モータ駆動金属動物玩具。(例:ねじ駆動式玩具金属いぬ等)
弾丸玩具 弾丸玩具 9503 80 00
各種弾丸発射機能付きの弾丸玩具。(例:スプリング、弾力性縄、気圧式蓄能弾丸玩具等
9503 90 00
各種非蓄能式弾丸玩具。(例:玩具弓、玩具ダーツ)
ドール ドール 9502 10 00
各種着装ドール、着装無しのドール
9502 91 00
各種ドールの服装及び部品
9502 99 00
その他のドールの部品。(例:ドール用くし、ヘアピン等の装飾用部品)

2005.12.27

CCC強制認証品目の炊飯器及び飲用水給水機の試験規格年版が更新されました。

中国質量監督検験検疫総局、国家標準化管理委員会2005年146公告の要求に従い、以下の試験規格は2006年1月1日から廃止されます。今後引用される試験規格は以下の通り。

廃止規格 GB 4706.6-1995:炊飯器の試験規格
GB 4706.42-1999:飲用水給水機試験規格
更新後の規格
炊飯器の
試験規格

GB4706.1-1998 Part 1: Safety of household and similar electrical appliances General requirements
当該規格はEQV IEC 335-1:1991 (中国デビエション有り)

GB4706.19-2004  Safety of household and similar electrical appliances-Particular requirements for appliances of heating liquids
当該規格はIDT IEC 60335-2-15:2000

GB4343.1-2003  Electromagnetic compatibility--Requirements for household appliances,electric tools and similar apparatus--Part 1: Emission
当該規格はIDT CISPR 14-1:2000

GB17625.1-2003  Electromagnetic compatibility limits Limits for harmonic current emissions(equipment input current)16A per phase
当該規格はIDT IEC 61000-3-2:2001

飲用水給水機
試験規格

GB4706.1-1998 Part 1: Safety of household and similar electrical appliances General requirements
当該規格はEQV IEC 335-1:1991 (中国デビエション有り)

GB4706.19-2004  Safety of household and similar electrical appliances-Particular requirements for appliances of heating liquids
当該規格はIDT IEC 60335-2-15:2000

GB4706.13-2004  Safety of household and similar electrical appliances Particular requirements for refrigerating appliances,ice-cream appliances and ice-makers
当該規格はIDT IEC 60335-2-24:2000

上記製品の年版更新申請は2006年12月31日までとなりますので、それ以後について、認証書は無効になりますので、早急にお手続きをお願い致します。年版の変更申請について、別途JET東京事業所国際業務担当グループ宛までご連絡するようお願い致します。

年版の変更申請について、別途JET東京事業所国際業務担当グループ宛までご連絡するようお願い致します。

2005年12月27日

2005.12.21

溶接機のワイヤー転送装置の試験規格年版更新の知らせ
中国認証認可監督管理委員会2005年第34号公告

2005年12月1日から溶接機のワイヤー転送装置の試験規格は更新されました。

廃止規格 JB/T9533-1999:ワイヤー転送装置の技術要求事項
JB/T9526-1999:TIG溶接トーチの技術要求事項

2005年12月1日から以下の新規格に更新します。

  • GB/T15579.5-2005:Arc welding equipment-Part5:Wire feeders
    訳者注:当該規格はIEC 60974-5:2002と完全整合
  • GB/T15579.7-2005:Arc welding equipment-Part7:Torches
    訳者注:IEC 60974-7:2000と完全整合

上記規格の年版変更申請について、2006年の定期工場調査実施する前までに行うようお願い致します。

2005年12月6日発表

上記内容の中文原文は以下のホームページをご参照下さい。
(http://www.cnca.gov.cn/20040420/article/05-12/9506.htm)

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
担当者:五十嵐、小林
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2005.12.14

CCC強制認証印字マークに関する工場登録コード不記載のお知らせ
CCCマークの印刷とプレスに関する要求の調整
  • 工場の登録コード番号の記載廃止
    • 2005年11月1日より、安全ガラス、タイヤ、自動車部品、バイク部品、電線とケーブルを除き、CCC認証製品目録内の他の製品の認証書取得企業が自らマークの印刷/プレスを申請するとき、CCCマークサービスセンターはその批准書にCCC認証の工場コードに関する情報を記載しないことにします。
      安全ガラス、タイヤ、自動車部品、バイク部品、電線とケーブルに対しては、CCCマーク管理センターは認証を取得された製品、認証書、認証機関に対し審査を行ない、CCC認証の工場コードに関する情報を厳しく審査し、確認の上マーク印字許可書を発行し、許可書の内容に認証の詳細内容を明記しなければなりません。
    • 2005年11月1日以前の発行された工場コード番号付きの許可書は、2006年の有効期限まで有効、2006年の年間更新時に変更申請を提出しなければなりません。
  • 批准書内容の調整
    2005年11月1日より、企業が自ら印刷/プレスするCCCマークに対する批准書に、「製造者」の内容を追加します。当該内容はCCC認証書の内容と一致しなければなりません。

原文は以下のホームページにご参照下さい。
(http://www.cnca.gov.cn/20040420/article/05-10/9385.htm)

強制製品認証マーク印刷と模圧使用方案についての認定手順
  • 本認定手順は強制製品認証マークの印刷、模圧を《強制製品認証マーク管理法》などの関連規定に符合するため制定されたものです。
  • 認証取得済製品に強制製品認証マークを印刷、模圧、模製、シルク印刷、ペント、エチング、彫刻、スタンプ、封印などの方法(上記各種方法は以下印刷・模圧と省略)で表示出来るように、本認定手順は審査する際に適用します。
  • 認証マーク管理センターは中国国家認証認可監督管理委員会の委託により印刷・模圧認証マークなどの使用方案を認定します。
  • 各自でCCCマークを印刷・模圧する権利を申請する際、認証書の取得者より下記の手順によって行ないます。
    • “CCCマーク印刷・模圧申請書”(表一、表二参照)、を記入し、捺印して下さい。
    • CCC認証書のCopyを提供して下さい。
    • CCCマークの図面、工場番号、製品型番の銘版サンプル一式四部を提供して下さい。もし銘版がなければ、製品本体に直接CCCマークに施工する場合は設計図一式2部を提供して下さい。
    • もし申請者は最小梱包ごとや、合格証、説明書などにCCCマークを表示する場合は、設計図の提供が必要となります。
  • マーク管理センターは申請者が提供する印刷・模圧設計図を下記の要求によって審査します:
    銘版の格式と内容は申請者が認証申請当初提出した銘版サンプルと一致すること;認証マークの図面は認証マークの標準規格寸法により同率に縮小・拡大すること;銘版の背景色や図面の色は製品の外見や銘版全体の設計状況によって合理的に選択して下さい。もし設計図が要求に相応しい場合は、認証マーク管理センターは申請者に修正するように通知して下さい。
  • もし設計図は要求に相応しい場合、認証マーク管理センターは申請者に"INVOICE"(形式発票)を発行して下さい。
  • 認証マーク管理センターは申請者の申請費用の入金が確認出来次第、"Notification of Printing / Impressing Mark Permission"(批准使用印刷、模圧標志通知書)を発行して下さい。通知書は一式2部、1部は申請者、1部は内部保存願います。
  • 申請者は認証マーク管理センターに認証マークの印刷・模圧の変更申請の提出は可能であり、認証マーク管理センターは新規申請として受理して下さい。

2005.11.22

中国CCC認証蛍光灯用交流電子式安定器の試験規格年版更新及び更新申請受理開始の知らせ
照明器具製品―蛍光灯用交流電子式安定器規格の更新及び年版変更の通知

中国国家認証認可監督管理委員会から2005年8月1日からGB19510.1-2004年版規格の使用停止及び規格更新の要求がありました。
更新内容は以下の通り

製品 CCC強制認証対象品目の「蛍光灯用交流電子式安定器」
試験規格
  • GB19510.1-2004(2005年2月1日実施):Lamp controlgear-Part 1:General and safety requirements
  • GB19510.4-2005(2005年8月1日実施):Lamp controlgear-Part 4:蛍光灯用交流電子式安定器の個別要求事項
  • GB17525.1-2003(2003年5月1日実施)
更新申請の
実施開始日
2005年8月1日

2005.11.22

中国家電類電気製品の試験規格年版更新申請の受付終了日の緊急知らせ
中国家電類電気製品の年版更新手続き終了の緊急知らせ
電気アイロン GB4706.2-2003年版、
皮膚及び毛髪ケア製品 B4706.15-2003年版
液体加熱器 GB4706.19-2004年版
エアコン GB4706.32-2004年版
冷蔵庫 GB4706.13-2004年版
モータコンプレッサー GB4706.17-2004年版

上記6品目の試験規格年版申請の受付は2005年12月31日までです。それ以後、年版更新されていないメーカーに対し認証書の暫定停止処理を行ないます。試験規格の年版更新は未だされていないメーカーは早急対応するようお願い致します。

中国の通知原文は以下のホームページにご参照下さい。
(http://www.cqc.com.cn/main?siteid=4136&classid=7387&docid=1bd395ef53d5fb50)

ご不明な点及び申請について、JET東京事業所国際業務担当グループ宛までご連絡するようお願い致します。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2005.11.22

中国CCC認証製品通関時トラブルを回避する為の免除申請条例の改定連絡

公告第3号

☆CNCA、CCC製品認証の不要又は免除条件を明確に

CNCAは、このほど、2005年3号公告の形で、強制製品認証の製品目録に取り入れられた製品のうち、認証不要又は認証免除の製品の条件を次のように一層明確にした。

1)以下の条件を満たしたものは、強制製品認証を受ける必要はない。
  • 外国の中国駐在大使館、領事館及び国際組織の中国駐在機構並びに外交要員が自ら使用する物品;
  • 香港、マカオ特別行政区の公的内陸駐在機構並びにそのスタッフが自ら使用する物品;
  • 入国者が国外から携帯する自ら使用する物品;
  • 政府間の援助、贈与による物品。

上記条件に合致する「目録」の中の製品は、強制製品認証証書を申請する必要はなく、中国の強制製品認証マークを付加する必要もない。

2)以下の条件を満たしたものは、強制製品認証の免除を受けられる。
  • 科学研究、試験のための製品;
  • 技術を検証するために導入する生産ラインが必要とする部品;
  • 直接最終需要家に保守を提供するために必要とする製品;
  • 工場の生産ライン/プラントに付随する設備/部品(事務用品を含まない);
  • 商業的展示にのみ使用し、販売しない製品;
  • 一時的に輸入して、その後国外に返却する製品(展示品を含む);
  • 完成品を全部輸出することを目的として、一般貿易の形で輸入した部品;
  • 完成品を全部輸出することを目的として、その原材料を輸入するため又は原材料を輸入して加工するために、輸入する部品。

上記条件に合致する「目録」の中の製品につき、製造者、輸入者、販売者又はその代理業者は、関係品質検査機構に、申請書、免除条件に合致する証明書類、責任保証書及び製品符合性声明(型式試験報告書を含む)などを提出し、認可を経て強制製品認証の免除証明書を取得した後、出荷、販売、輸入及び経営活動に使用することができる。
上記制度は、2005年4月1日より実施され、2002年第8号公告は同時に廃止された。

訳者注
中国側は2005年の4月より免除申請は通関する港の税関にて受付されます。免状申請の理由は上記(1)〜(8)以外に認めません。申請方法及び申請書類は各税関により要求が異なる。従いまして、通関する前に、CCCマークあるか、免除許可書を取得してから通関するようお願い致します。JETは2005年 4月より、免除申請代行の業務は停止致しますが、通関についての質問、手続き等のご相談は有料で行ないますので、東京事業所国際業務担当グループ宛までご連絡するようお願い致します。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2005.11.04

中国CCC強制認証の標準マークは2006年3月31日以後、変更になります。
国家認証認可監督管理委員会2005年第23号公告

家品質監督検験検疫総局公布の《強制性製品認証管理規定》(2001年第5号令)及び国家認証認可監督管理委員会公布の《強制製品認証管理規則》(2001年第1号公告)により、国家認証認可監督管理委員会は2005年10月1日より2005年版中国強制認証ラベル(以下05版CCCラベルと略称する)を使用開始することを決定した。ここに関連事項を次の通り通知する。

  • 05版CCCラベルは2005年10月1日より正式に使用開始し、2005年9月1日より発行を開始する。
  • 2002年版中国強制認証ラベル(以下02版CCCラベルと略称する)は2005年12月31日より発行を取りやめる。
  • すでに認証を取得し、02版CCCラベルを購入した企業は未使用の02版CCCラベルを2006年3月31日まで使用することができる。2006年4月1日より、認証を取得した製品には全て一律に05版CCCラベルを貼り付けなければならず、02版CCCラベルを使用してはならない。
  • 2006年3月31日以後、認証を取得した企業は未使用の02版CCCラベルをCCCマーク発行管理センターにて無料で交換することができる。

詳細な規定については、国家認証認可監督管理委員会認証監督管理部、又はCCC認証マーク発行管理センターに連絡するようにしてください。

JETによる調査情報(情報源:CCCマーク発行管理センター)
  • マークラベルの交換は、まだ関係中国機関によって受理されていません。受理開始次第お知らせいたします。
  • 2006年4月以後、すでに旧CCCラベルをつけた製品について、旧表示の有効期間内に生産したものであることを証明できれば、旧CCCラベルを付けた製品の販売、流通に問題はありません。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2005.10.05

GB規格年版が更新されました。

中国試験規格年版更新/変更の公告
(CQC/PDC071-2005)

発表日:2005年8月31日

No 旧試験規格番号 最新試験規格番号 認証実施日 旧規格の更新
手続き開始日
追加試験
有り/無し
1 GB4943-1995 GB4943-2001 2003.3.1 2003.3.1 無し
2 GB8898-1997 GB8898-2001 2003.3.1 2003.3.1 無し
3 GB/T 11918-1989 GB/T 11918-2001 2003.4.1 2003.4.1 無し
4 GB/T 11919-1989 GB/T 11919-2001 2003.4.1 2003.4.1 無し
5 GB10682-1989 GB18774-2002 2003.4.1 2003.4.1 有り
6 GB14196-1993 GB14196.1-2002 2003.4.1 2003.4.1 無し
7 GB/T14094-1993 GB14196.2-2002 2003.4.1   無し
8 GB/T 11017-1989 GB/T 1017.2-2002 2003.4.1   無し
9 GB/T12706.1〜.3-1991 GB/T12706.1〜.3-2002 2003.4.1 2003.9.1 有り
10 GB14621-1993 GB14621-2002 2003.7.1 2003.7.1 有り
11 GB14622-2000 GB14622-2002 2003.7.1 2003.7.1 有り
12 GB18176-2000 GB18176-2002 2003.7.1 2003.7.1 有り
13 GB17625.1-1998 GB17625.1-2003 2003.5.1 2003.7.1 一部の
製品有り
14 GB4706.25-1991 GB4706.25-2002 2003.6.1 2003.9.1  
15 GB7000.1-1996 GB7000.1-2002 2003.8.1 2005.2.1〜
2005.12.31
有り
16 YY/T1060-1994 GB19258-2003 2003.11.1 2003.11.1 無し
17 GB4706.21-1996 GB4706.21-2002 2003.8.1 2003.12.1〜
2004.1.30
有り
18 GB4706.22-1988 GB4706.22-2002 2003.8.1 2003.12.1〜
2004.1.30
有り
19 GB4706.23-1996 GB4706.23-2003 2003.8.1 2003.12.1〜
2004.1.30
有り
20 GB4706.27-1992 GB4706.27-2003 2003.8.1 2003.12.1〜
2004.1.30
有り
21 GB4706.30-1992 GB4706.30-2002 2003.8.1 2003.12.1〜
2004.1.30
有り
22 GB14166-1993 GB14166-2003 2004.5.1 2004.5.1〜
2004.10.31
有り
23 GB13837-1997 GB13837-2003 2003.12.1 2003.12.1〜
2005
一部必要
24 GB4706.2-1996 GB4706.2-2003 2004.1.1 2004.11〜
2005.12
有り
25 GB4706.15-1996 GB4706.15-2003 2004.1.1 2004.11〜
2005.12
有り
26 GB4706.9-1996 GB4706.9-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
27 GB4706.10-1993 GB4706.10-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
28 GB17652-1998 GB4706.8-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
29 GB4706.31-1995 GB4706.31-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
30 GB4706.33-1996 GB4706.33-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
31 GB4706.34-1996 GB4706.34-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
32 GB4706.35-1996 GB4706.35-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
33 GB4706.37-1997 GB4706.37-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
34 GB4706.38-1997 GB4706.38-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
35 GB4706.39-1997 GB4706.39-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
36 GB4706.40-1997 GB4706.40-2003 2004.1.1 2004.1.1〜
2004.11.30
有り
37 GB14048.2-1994 GB14048.2-2001 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
38 GB14048.3-1993 GB14048.3-2002 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
39 GB14048.5-1993 GB14048.5-2001 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
40 GB13539.1-1992 GB13539.1-2002 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
41 GB13539.2-1992 GB13539.2-2002 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
42 GB13539.6-1992 GB13539.6-2002 2004.1.1 2004.1.1〜
2005.8.1
有り
43 GB/T13961-1992 GB13961-2003 2004.2.1 未定 有り
44 GB9656-1996 GB9656-2003 2004.4.1 2004.4.1 有り
2004.4.1〜
2005.4.1
無し
45 GB16915.1-1997 GB16915.1-2003 2004.5.1 2004.5.1 無し
46 CMVDR127 GB15191-2003 2004.5.1 2004.5.1〜
2004.10.31
無し
47 GB7258-1997 GB7258-2004 2004.10.1 2004.10.1 有り
48 GB1589-1989 GB1589-2004 2004.10.1 2004.10.1 有り
49 GB9706.2?1991 GB9706.2-2003 2004.6.1 2004.6.1 無し
50 GB15579?1995 GB15579.1-2004 2004.8.1 2005.1.1〜
2005.12.31
有り
51 JB3643-2000 GB19213-2003 2004.2.1 2004.2.1 無し
52 GB2313-1993 GB19510.9-2004 2005.2.1 2005.2.1〜
2006.1.31
有り
53 GB14045-1993 GB19510.10-20047 2005.2.1 2005.2.1〜
2006.1.31
有り
54 GB4706.32 GB4706.32-2004 2005.2.1 2005.2.1〜
2005.12.31
有り
55 GB4706.19 GB4706.19-2004 2005.2.1 2005.2.1〜
2005.12.31
有り
56 GB4706.17 GB4706.17-2004 2005.2.1 2005.2.1〜
2005.12.31
有り
57 GB4706.13 GB4706.13-2004 2005.2.1 2005.2.1〜
2005.12.31
有り
58 GB4343-1995 GB4343.1-2003 2004.6.1 2004.6.1 無し
59 YD/T1169.1-2001 GB19484.1-2004 2004.10.1 2004.10.1 無し
60 YD/T1103-2001 GB19483-2004 2004.10.1 2004.10.1 無し
61 JB/T6022.1〜.2-1992 QC/T680-2002 2004.11.1 不適用 不適用
62 JC693-1998 GB18915.1〜2-2002 2005.1.1 不適用 不適用

2005.06.27

中国CCC強制認証の照明器具の規格が更新されました。
変更された内容
  • GB17625.1『EMCの高調波電流発生限度値』とGB7000.1『照明器具の一般的安全要求、および試験』規格が2003年版に更新されました。
  • 蛍光灯(インダクタンス)安定器の基準はGB2313-93からGB19510.9-2004へ、高圧放電灯安定器の基準はGB14045-93からGB19510.10-2004へそれぞれ変更されました。

旧基準に従って、試験され交付されていたCCC認定証明書は、新版の基準に従って変更された試験を追加し、新版による証明書の発行に切り替えなければなりません。変更期限を過ぎて、旧基準のまま工場調査を受けられる方は、CCC認証が取り消しされますので、早急な対応が必要になります。

変更期限
  • 照明器具製品は、2005年1月1日より2005年12月31日まで。
  • 安定器製品は、2005年2月1日より2006年1月31日まで。

変更内容について、変更前後の追加試験内容及び規格の相違点等の詳細技術資料を原文と翻訳版でご用意致しましたので、ご活用ください。

「照明器具製品新旧基準に関する相違点、および新版証明書への切換え計画」
中文原稿+和訳資料 金額:31,500円

2004.12.26

中国CCC認証の料金改定について、国家発展改革委員会より通達がありました。

強制的製品認証料金徴収基準を改めて査定することに関する国家発展改革委員会の通達
発改価格[2004]2392号

国家認証認可監督管理委員会

貴委員会の「強制的製品認証料金徴収基準を改めて査定することに関する申し込み」(国認証函[2004]173号)を受領しました。元国家計画委員会の「強制的製品認証料金徴収基準に関する通達」(計価格[2002]889号)は、強制的製品認証の料金徴収試行基準は、強制的製品認証の料金徴収行為を規範化するのに積極的な役割を果たしました。強制的製品認証の料金徴収行為を一層規範化し、科学的、合理的な料金徴収メカニズムを構築するため、現に、強制的製品認証料金徴収基準を新たに査定すること及びその関連事項につき、下記のとおり通知する。

一、強制的製品認証の料金徴収項目と料金徴収基準

  • 申請費。認証機構は強制的製品認証の申請を受理するとき、認証を申請する企業に対し
    申請費を徴収する。
    申請費の徴収基準は、1単元につき600元とする。その内、申請資料が中国語ではない場合には、別途資料翻訳費を徴収する。資料翻訳費の徴収基準は、認証機構が費用の支出状況に応じて確定するが、高くとも1,000元を超えてはならない。
    以下に挙げる状況に該当する場合には、申請費を徴収してはならない
    • 企業名称又は住所の変更(企業の移転又は改組、体制変更を含まない);
    • 認証申請人の変更;
    • 商標の変更;
    • 規定された製品単元内で及び同一設計の型番の上での製品販売型番及び製品商標などの拡大。
  • 製品検査費。製品検査機構は製品認証基準と技術要求に基づいて、認証を申請する企業の製品を検査し、且つ試験報告書を発行する場合には、認証を申請する企業に対し、製品検査費を徴収する。
    製品検査費の具体的な徴収基準は、当委員会が別途制定する。
  • 工場検査費。認証機構は認証製品に関する工場検査要求に基づき、認証を申請する企業に対し、文書審査、現場審査確認を行い、且つ工場検査報告書を発行する場合には、認証を申請する企業に対し、工場検査費を徴収する。
    工場検査費の徴収基準は、監督検査員一人につき、1作業日に3,000元とする。
    検査員の人数と検査日数(人、日数)は、貴委員会が強制的製品認証実施規則に基づいて決め、当委員会に届け出た後に実施するものとする。
    認証に必要とする交通費用には大きな差があることを考慮して、国際慣例に従って、検査員の往復交通費を認証申請企業が負担する。認証機構は認証申請企業から食住費を徴収してはならない。
    指定認証機構の審査確認を経て、企業が取得した品質管理体系認証証書の有効期間内においては、強制的製品認証の品質保証能力と同様の部分の管理体系検査を免除し、且つ相応する工場検査費を免除しなければならない。
  • 批准と登録費。認証機構は認証要求を満たした製品につき、評定し、且つ強制的製品認証証書を発行する場合には、認証を申請する企業に対し、批准と登録費を徴収する。
    批准と登録費(証書費を含む)の徴収基準は1認証単元につき800元とする。
    認証製品の拡大と変更が単元の変化に及ばない場合は批准と登録費を徴収してはならない。規定により、認証製品に対し合格評定を行う必要がなく、強制的製品認証証書を発行するのみである場合には、証書作成のコストのみ徴収することができる。
    証書作成コストは認証機構が証書の作成コストに基づいて実費を徴収する。但し、証書1部あたり、10元を超えてはならない。
  • 監督再検査費。製品認証実施規則が規定した再検査の内容に基づき、認証機構と製品検査機構はそれぞれ認証証書を取得した企業に対し、監督検査及び製品抜き取り検査を行うときは、監督再検査費を徴収する。
    監督再検査費の徴収基準は提供したサービスに要した費用の支出状況に基づいて、認証機構が工場検査費の25%を超えないように、製品検査機構が製品検査費の25%を超えないように実費を徴収する。
    その内、製品検査機構が製品抜き取り検査を行う時の検査項目が三つ及びそれ以下である場合は、次の規定に基づいて料金を徴収するものとする。
    • 検査項目が一つである場合、製品検査費の100%にて計算徴収する。
    • 検査項目が二つである場合、製品検査費の50%にて計算徴収する。
    • 検査項目が三つである場合、製品検査費の33%にて計算徴収する。
  • 年費。認証機構は認証を通った企業に認証証書を発行する場合には、証書を取得した企業から年費を徴収する。年費は次に挙げる基準にて徴収する。
    同一申請企業が取得した証書(異なる指定認証機構から取得した証書を含む。以下同じ)は20部以下(20部を含む)である場合、証書1部につき毎年200元徴収する。
    取得した証書は20部以上、50部以下(50部を含む)である場合、証書1部につき毎年150元徴収する。取得した証書は50部以上である場合、証書1部につき毎年100元徴収する。
  • 認証マーク費。認証マーク機構は認証証書を取得した企業に認証マークを発行し、又はマークの使用を批准するときは、証書を取得した企業から認証マーク費を徴収する。
    認証マーク費は次に挙げる基準にて徴収する。
    規定に基づいて直接認証マーク(CCC)を使用する者に対し、料金徴収基準は次のとおりである。
    8mmのマークは1枚あたり0.06元、15mmのマークは1枚あたり0.12元、30mmのマークは1枚あたり0.20元、45mmのマークは1枚あたり0.30元、60mmのマークは1枚あたり0.40元とする。
    認証マーク機構の批准を経て製品又は包装に自ら認証マークを印刷又はプレースする者に対し、料金徴収基準は次のとおりである。
    1種のマーク使用形式につき、初年度は900元、次年度から毎年600元とする。

二、すでに工業製品生産許可証証書又は他の関係指定認証機構発行の製品認証証書を取得した者が強制的製品認証を申請するときは、同じ部分の工場検査費と製品検査費を免除しなければならない。

三、料金の徴収を行う単位は上述費用を徴収した場合、法に依り納税しなければならない。認証機構の内、当面なお事業単位となっている者は、規定に基づいて指定された価格主管部門に「料金徴収許可証」を申請・受領するものとする。

四、各料金徴収単位は勝手に料金徴収項目を増やし、徴収範囲を拡大し、徴収基準を引き上げてはならず、自覚的に価格主管部門の監督検査を受けなければならない。

五、本通達は2004年12月1日より施行し、有効期間は2年とする。有効期間満了後、貴委員会は新たに当委員会に申告すること。

2004年11月1日

2004.07.17

CCC強制認証品目の新規発行の案内
1)CNCAより、強制認証品目の新規発行及び廃版についての情報を入手いたしました。

国家認証認可監督管理委員会2004年第20号公告(2004年6月24日)
「中華人民共和国認証認可条例」「強制製品認証管理規定」に従い、CNCAは

  • 「安全技術防犯製品強制認証実施規則 侵入探知機製品」CNCA-10C-047:2004、
  • 「安全技術防犯製品強制認証実施規則 盗難防犯用警報コントローラー」CNCA-10C-052:2004
  • 「安全技術防犯製品強制認証実施規則 車盗難警報システム」CNCA-10C-053:2004
  • 「安全技術防犯製品強制認証実施規則 抗盗難型金庫」CNCA-10C-054:2004

を公表致します。
従来の「安全技術防犯製品強制認証実施規則  侵入探知機製品」CNCA-10C-047:2004は本公表日より廃版致します。

2)詳細につきまして

東京事業所国際業務担当グループまでお問い合わせください。
中国当局に確認が必要なお問い合わせの場合は、「JET総合支援サービス」(有料)として承ります。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2004.06.17

中国CCC認証 規格の最新版採用状況について

以下の情報を入手いたしましたのでお知らせいたします。(2004年6月10日現在)

1.対象商品

Power cables with cross-linked polyethylene insulation and their accessories for rated voltage of 110kV Part 2: Power cables with cross-linked polyethylene insulation for rated voltage of 110kV

GB/T11017.2-2002(新版)規格は既に2003年4月1日より正式に実施しております。
現在CQC任意認証の申請は既にこのGB/T11017.2-2002規格を採用しています。即ち新規格への変更申請は下記の通り。

  • 既にGB/T11017-1989(旧版)でCQC任意認証を取得した製品に対して、もしGB/T11017.2-2002の規格により試験項目の増加が必要とされた場合、申請者が直接CQCのホームページに変更申請(規格変更)を提出し、新規格によって追加試験を行い(必要な場合)、合格後新規格の認証証書に転換される。
2.対象商品

Power cables with extruded insulation and their accessories for rated voltages from 1kV(Um=1.2kV)up to 35kV(Um=40.5kV) Part 1: Cables for rated voltages of 1kV(Um=1.2kV) and 3kV(Um=3.6kV)

GB/T12706.1〜GB/T12706.3-2002(最新版)は2002年4月1日から正式実施されています。
現時点ではCQC任意認証について、GB/T12706.1〜GB/T12706.3-2002を採用しています。認証書の書換えについて、以下の通り連絡します。

  • GB/T12706.1〜GB/T12706.3-1991年版のCQC認証書を持つ製品について、GB/T12706.1〜GB/T12706.3-2002年版の要求に従い、追加試験を行います。
    追加試験について、2005年度の定期工場調査時に追加試験を行います。
    合格後、新しい年版の認証書を発行致します。

PS:情報:GB/T12706は、IDT.IEC60505(通信ケーブルの規格)IT機器の部品試験として、該当試験規格を要求されます。

申請の代行をご希望の時は、以下にご連絡ください。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2004.02.05

中国CCC認証の一部規格改定について

中国のCCC認証のもとで適用されている以下の品目の規格の版が最新化され変更になりました。
認証機関である中国品質認証センター(CQC)によれば、既に認証を取得しているメーカーは2003年12月1日〜2004年11月30日の間に更新手続きの必要があります。

  • GB4706.30-2002(厨房機器個別要求事項)
  • GB4706.21-2002(電子レンジの個別要求事項)
  • GB4706.22-2002(据え置き形クッキングレンジ、コンロ、オーブン及び類似機器の個別要求事項)
  • GB4706.23-2003(室内用ヒーターの個別要求事項)
  • GB4706.27-2003(扇風機の個別要求事項)

手続きはJETでお引き受けいたしますのでご連絡下さい。

お問い合わせ先

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET) 東京事業所 国際業務担当グループ
TEL:03-3466-9818 FAX:03-3466-5142 E-mail:kokusai@jet.or.jp

2003.05.09

中国強制認証制度(CCC認証制度)に関するお知らせ

(1)中国質量認証中心(CQC)から次の様な発表がありました。

IT機器、AV機器、通信端末機器に関する認証の型式試験規格の版の変更通知について

国家認証認可管理監督委員会によると、「IT機器、AV機器、通信端末機器」に関する認証は2003年3月1日より新しい版の規格で試験を実施する。
新規格版は GB4943-2001、GB8898-2001である。
既にCCC認証を取得済の上記の製品については、変更の為の試験を行わずに企業は任意で新しい版の規格に対するCCC認証書にそのまま書換え申請ができる。

中国質量認証中心 2003年3月

(2)国家質量監督検験検疫総局、国家認証認可管理監督委員会から次の様な発表がありました。

国家質量監督検験検疫総局、国家認証認可管理監督委員会2003年公告第38号

幾つかの物理的な原因により、強制製品認証の申請、サンプルの送付・試験、及び工場検査の進捗に一定の影響をもたらした為、現在の強制製品認証の強制実施期日を2003年5月1日より、2003年8月1日に延期する。
この期間に関係する申請者はなるべく指定の認証機関のWebを利用し、Webで申請するようにするものとする。認証を取得した者は、マーク管理センターに対し、郵送の形で認証マークを購入するものとする。
ここに特に公布する。

2003年4月23日

更新日付:2013.09.04