JET 一般財団法人 電気安全環境研究所

C-3:ソフトウェア評価に関するご相談

ソフトウェア評価は、従来の電気安全の試験やEMC試験のように製品が完成した後で評価を行うものとは、趣が大きく異なることに注意が必要です。
ソフトウェア評価をJETを含めた第三者機関にご依頼される場合は、ソフトウェア開発プロセスの工程に沿って進めますので、不適合箇所があった場合、該当する工程まで戻って、規格に適合するように開発し直していただく必要がある場合があります。

以上のことから、実際にソフトウェア評価を受けるために事前に総合支援サービスによるご相談をご利用される場合は、製品開発の計画段階またはソフトウェア要求仕様の確定前までに、お申し込みいただくのが有効です。

閉じる