JET 一般財団法人 電気安全環境研究所

認証取得者様へお知らせ:平成29年12月1日付の電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈の一部(整合規格の採用)の改正に対するご案内(2018.02.02)

平成29年12月1日に電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈の一部(整合規格の採用)の改正が公示されました。(詳細はこちらから

これに伴い、S-JET認証を取得されているお客様で改正内容に該当する場合は、試験基準変更試験が必要となりますので、下記のとおりご案内します。

①.別表第十二 国際規格等に準拠した基準の改正

 平成29年12月に「電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈について(通達)の一部改正(改正日:平成29年12月1日、施行日:平成29年12月1日、置き換え前のJIS規格の猶予期間:施行後3年間)され、採用済のJISをより新しい版のIEC規格に準拠したJIS規格に置き換えるもの(17基準)、採用済のIECに整合した暫定規格を、新たに制定されたJISに置き換えるもの(1基準)、採用済のJ規格を、より新しい版のCISPR規格に整合したJ規格に置き換えるもの(2基準)が改正されております。
 また、猶予期間経過により削除されたもの(5規格)と、適用範囲の規定であるJ55001(雑音の強さの規定)については、表外へ移行となっております。


・より新しい版のIEC規格に準拠したJIS規格に置き換えるもの(17基準)

J60227-5
(H23)→(H29)
定格電圧450/750V以下の塩化ビニル絶縁ケーブル−
第5部:可とうケーブル(コード)
J60227-7
(H23)→(H29)
定格電圧450/750V以下の塩化ビニル絶縁ケーブル−
第5部:可とうケーブル(コード)
J60245-8
(H23)→(H29)
定格電圧450/750V以下のゴム絶縁ケーブル−
第8部:高可とう性コード
J60335-2-3
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−3部:電気アイロンの個別要求事項
J60335-2-9
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−9部:可搬形ホブ、オーブン、トースタ及びこれらに類する機器の個別要求事項
J60335-2-11
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−11部:回転ドラム式電気乾燥機の個別要求事項
J60335-2-23
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−23部:スキンケア又はヘアケア用機器の個別要求事項
J60335-2-44
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−44部:電気アイロナの個別要求事項
J60335-2-61
(H20)→(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−61部:蓄熱形ルームヒータの個別要求事項
J60598-1
(H26)→(H29)
照明器具−
第1部:安全性要求事項通則
J60598-2-1
(H23)→(H29)
照明器具−
第2−1部:定着灯器具に関する安全性要求事項
J60598-2-4
(H23)→(H29)
照明器具−
第2−4部:一般用移動灯器具に関する安全性要求事項
J60598-2-7
(H25)→(H29)
照明器具−
第2−7部:可搬形庭園灯器具に関する安全性要求事項
J60598-2-9
(H25)→(H29)
照明器具−
第2−9部 写真及び映画撮影用照明器具に関する安全性要求事項(アマチュア用)
J60598-2-17
(H25)→(H29)
照明器具−
第2−17部:舞台照明,テレビ,映画及び写真スタジオ用の照明器具に関する安全性要求事項
J60598-2-19
(H23)→(H29)
照明器具−
第2−19部:空調照明器具に関する安全性要求事項
J60974-7
(H22)→(H29)
アーク溶接装置−
第7部:トーチ

(置き換え前の各基準は平成32年11月30日まで有効)


・新たに制定されたJISに置き換えるもの(1基準)

J60335-2-106
(H29)
家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−
第2−106部:電気カーペット及び取外し可能な床仕上げ材の下に設置する室内暖房用ヒーティングユニットの個別要求事項

(置き換え前のJ60335-2-J1(H14)基準は平成32年11月30日まで有効)


・より新しい版のCISPR規格に整合したJ規格に置き換えるもの(2基準)

J55015
(H20)→(H29)
電気照明及び類似機器の無線妨害波特性の許容値及び測定法
J55032
(H29)
マルチメディア機器の電磁両立性 −エミッション要求事項−

(置き換え前の各基準は平成32年11月30日まで有効)


・猶予期間経過により削除されたもの(5規格)

J60065(H23),J60598-1(7版-H23),J60598-2-3(H14),J60974-6(H22),J61347-2-13(H21)

・表外へ移行

J55001(H27)→表外 雑音の強さの規定

(移行前の基準は平成32年11月30日まで有効)
※移行後の適用基準についてはお問い合わせください。

なお、「雑音の強さに関する基準変更」につきましては、次の取り扱いとなりますのでご留意ください。

  • J55015(H20)を適用していたもの
    平成32年11月30日までにJ55015(H29)による基準変更試験をお申し込み下さい。
  • J55013(H22)又はJ55022(H22)を適用していたもの
    平成32年11月30日までにJ55032(H29)による基準変更試験をお申し込み下さい。
  • J55001(H22)を適用していたもの
    平成30年11月30日まで有効ですが、それ以降は認証書に明記された基準を別表第十に書き換える必要があります。今後の申請においては、別表第十の該当する章でお申し込みください。
  • J55001(H27)を適用していたもの
    平成32年11月30日まで有効ですが、それ以降は認証書に明記された基準を別表第十に書き換える必要があります。今後の申請においては、別表第十の該当する章でお申し込みください。

②.上記基準制改正に伴う試験基準変更試験の実施

 上記基準の制改正に伴い、該当するS-JET認証の登録製品については、JET認証業務規程の第4章 第4節 試験基準変更試験に基づき、改正後の技術基準への適合性を確認する試験基準変更試験の必要がございます。
 対象となる登録製品の認証取得者様には、各技術基準の改正施行日(又は旧基準の猶予期限完了)までに試験基準変更試験が完了できるよう、「試験基準変更試験申込書(様式第10)word PDF」によりお申込みをお願いいたします。
なお、変更基準対応困難等により、認証継続を希望されない場合、「認証取消届(様式第7)word PDF」による登録取消の手続きをお願いいたします。


ご不明点は、以下の各担当へ、お問い合わせをお願い致します。

お申込及び試験基準の内容に関するお問い合わせ先

横浜事業所 カスタマーサービスグループ
〒230-0004 神奈川県横浜市鶴見区元宮1-12-30
TEL:045-582-2151 FAX:045-582-2671 E-mail:yokohama@jet.or.jp

関西事業所 カスタマーサービスグループ
〒658-0033 兵庫県神戸市東灘区向洋町西4-1
TEL:078-771-5135 FAX:078-771-5136 E-mail:kansai@jet.or.jp

S-JET認証に関するお問い合わせ先

製品認証部
〒151-8545 東京都渋谷区代々木5-14-12
TEL:03-3466-5183 FAX:03-3466-5250 E-mail:pcd@jet.or.jp
閉じる