JET 一般財団法人 電気安全環境研究所

高周波利用設備

--制度

電波法では、電線路に10kHz以上の高周波電流を通ずる電信、電話、その他の通信設備及び10kHz以上の高周波電流を使用する工業用加熱設備、医療用設備、各種設備については、原則として個別に設置許可を受けるよう定めています。

高周波利用設備は高周波電流を利用するため、設備から電波が発射されることとなり、放送や無線通信に妨害を与えることが予想されるため、規制の対象としています。

JETでは高周波利用設備の測定を実施することができます。

--設置許可不要設備

無線通信等への影響が少ないと判断される設備については、 個別の許可を不要としており、次のような設備があります。

(1)一定の要件を満たしている次の設備

  • ケーブル搬送設備
  • 平衡二線式裸線搬送設備
  • 電力線搬送通信設備であって、受信のみを目的とするもの
  • 誘導式通信設備であって、線路からλ(高周波の波長をmで現したもの)/2πの距離における電界強度が15μV/m以下のもの
  • 誘導式読み書き通信設備であって、その設備から3mの距離における電界強度が500μV/m以下のもの
  • 通信設備以外の高周波利用設備であって、その高周波エネルギが50W以下のもの

(2)予め総務大臣から技術基準に適合していることの指定を受けた次に掲げる設備(型式指定)

  • 誘導式読み書き通信設備
  • 搬送式インターホン
  • 一般搬送式デジタル伝送装置
  • 特別搬送式デジタル伝送装置
  • 広帯域電力線搬送通信設備
  • 超音波洗浄機
  • 超音波加工機
  • 超音波ウェルダー
  • 電磁誘導加熱を利用した文書複写印刷機械
  • 無電極放電ランプ

(3)製造事業者等が、機器の型式について技術的条件に適合していることの確認を自ら行い、総務大臣へ届け出た次の設備(型式確認)

  • 電子レンジ
  • 電磁誘導加熱式調理器

試験の詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ先

無線機器試験センター
TEL:045-582-2152 FAX:045-582-2255 E-mail:rf@jet.or.jp

微弱無線

微弱無線局の規定

  • 無線設備から3メートルの距離での電界強度(電波の強さ)が、次の図に示されたレベルより低いものであれば、無線局の免許を受ける必要はありません。

    総務省告示で定められている試験設備の内部のみで使用する無線設備については、試験設備の外部における電界強度が3mの距離における電界強度に補正した値が次の図に示されたレベルより低いものであれば、無線局の免許を受ける必要はありません。

    人の生体内に植え込まれた状態又は一時的に留置された状態でのみ使用する無線設備については、その外部における電界強度が3mの距離における電界強度に補正した値が、次の図に示されたレベルより低いものであれば、無線局の免許を受ける必要はありません。

    また、周波数や用途など制限はありません。

  • 無線設備から500メートルの距離での電界強度(電波の強さ)が、200μV/m以下のもので、周波数などが総務省告示で定められている無線遠隔操縦を行うラジコンやワイヤレスマイク用などのものは、無線局の免許を受ける必要はありません。

JETでは上記規定値に適合するかの確認を行う事が出来ます。
試験の詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ先

無線機器試験センター
TEL:045-582-2152 FAX:045-582-2255 E-mail:rf@jet.or.jp

SAR

SARとはSpecific Absorption Rate 日本語で比吸収率といい人体が電磁界にさらされることにより吸収されるエネルギー量の事で、携帯電話等の無線設備はSARの許容値を満たすことが法的に義務付けられております。

試験の詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ先

無線機器試験センター
TEL:045-582-2152 FAX:045-582-2255 E-mail:rf@jet.or.jp

DFS

気象レーダや船舶軍事レーダと周波数を共用しているため、当該周波数帯域の電波を自動的に検知しその周波数を避けて運用する、DFS(Dynamic Frequency Selection)機能の具備が義務付けられ、その動作を確認することが必要となります。

JETでは国内外のDFS試験要求に基づきDFSの試験・検証が実施できます。

  • 気象レーダ
    タイプW53
    5.3GHz帯(5250-5350MHz:52/56/60/64ch)
    屋外不可 2005/5以降、利用可能となった4チャネル
  • 船舶・軍事レーダ
    タイプW56
    5.6GHz帯(5470-5725MHz:100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch)
    屋外利用可 2007/1以降、利用可能となった11チャネル

試験の詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ先

無線機器試験センター
TEL:045-582-2152 FAX:045-582-2255 E-mail:rf@jet.or.jp

閉じる